【スポンサーリンク】

【東武】N100系新型スペーシア、現状のまとめ&展望

2021年11月11日のことですが、東武鉄道が新たなフラッグシップ車両としてN100系の導入を発表しました。中長期計画で構想検討していたものの、新型コロナの影響もあって中長期計画自体が打ち切りになっていましたが、自然消滅していた新型フラッグシップ車両計画が復活した形になっています。

発表から時間も経っているので、現時点で出ている情報を改めて整理をしつつ、今後の展望を勝手に考察してみます。




N100系の概要

まずは概要から。こちらは、東武鉄道から発表されています(日立製作所も同様の発表)。

車両型式名N100系
愛称未 定
導入両数24両
編成6両固定
座席数212席
導入路線東武スカイツリーライン・日光線・鬼怒川線 浅草~東武日光、鬼怒川温泉間
導入時期2023年(予定)
製作会社株式会社 日立製作所
出典:東武鉄道「2023年に特急スペーシアの新型車両を導入します」より一部改変(余白削除)

また、日立製作所側の発表では、

日立は鉄道事業者と共に、「A-train」コンセプトと最新の技術を通じて、鉄道利用者に「安全で快適」な鉄道での上質な移動空間を提供していきます。

日立が東武鉄道の新型特急車両「N100系」の製作会社に決定|日立製作所より

とあり、明確に「A-trainで製造する」とは書かれていませんが、A-trainで製造されることが予想されます。

車両デザインは、

 現スペーシアのフォルムを現代に進化させ、デザインに取り入れました。カラーリングは日光東照宮陽明門・唐門・御本社に塗られた「胡粉(ごふん)」の白を彷彿とさせる高貴な白をイメージし、窓枠は鹿沼に伝わる組子や、竹編み細工といった江戸の手仕事を思わせる丁寧につくられた工芸品のような佇まいで、大切なものを包み込んでいるかのような期待を演出しています。

2023年に特急スペーシアの新型車両を導入します|東武鉄道より

としています。

東武の観光地として名高い日光東照宮の陽明門・唐門・御本社に塗られた胡粉の白を全体に纏っていることや、窓枠を組子や竹編み細工などの伝統工芸で表現すると言った、東武が今までにも採用した「車両に沿線の特色を出す」ことを、エクステリアで演出しています。

また、100系から引き続いて個室を設ける他、ラウンジやカフェカウンターなども設けるため、東武特急では類を見ないサービスグレードになることが考えられます。

イメージ画像からスペーシアを継承しているといえば流線形フォルムですが、気取らないシンプルなカラーリングもスペーシアを意識していることが垣間見えます😺



商標出願は現在審査中

2021年11月11日の新型スペーシア発表と同日に、東武鉄道株式会社・東武タワースカイツリー株式会社の両社が、スペーシアに関連する商標出願を行っています(公開日は2021年11月30日)。

出願番号商標リンク
商標出願2021-140688プレミアム スペーシア\PREMIUM SPACIA🔗
商標出願2021-140689スペーシア ルクス\SPACIA LUXE🔗
商標出願2021-140690スペーシア クロス\SPACIA X🔗
商標出願2021-140691スペーシア エックス\SPACIA X🔗
商標出願2021-140692グラン スペーシア\GRAN SPACIA🔗

全ての商標出願が現在審査中です。東武鉄道では過去にも複数同時に商標出願していたことがあり、言葉を選ばずに言えば、商標ゴロ対策です。

列車愛称・商品・有料座席指定サービス等の名称が考えられますが、どの商標が何に相当するのかは不明です。

例えば、「プレミアム スペーシア」「グラン スペーシア」「スペーシア ルクス(ラテン語で贅沢)」は名称だけ見ると、上位グレードの座席指定サービスと想像したくなりますね😺✨



N100系の導入にともなう100系の処遇は?

N100系導入に際して、100系の処遇はどうなるのかは、東武鉄道からは公表されていません。

可能性としては、

  • N100系と100系の並行運用
  • N100系で100系の順次置き換え

の2パターンが考えられます。以降、当サイトの勝手な考察となります。

N100系と100系の並行運用

まず、N100系と100系を並行運用、つまり、スペーシアを残して、上位グレードの特急を新設するパターンです。

100系は登場から30年以上経過していますが、コンパートメントがあることから、依然として根強い人気を誇っています。

プレスリリースにも、

今般、スペーシアが築いてきた伝統や認知度・イメージを維持・継承しながら、より上質なフラッグシップ特急を導入し、同エリアの観光需要喚起を図ります。

2023年に特急スペーシアの新型車両を導入します|東武鉄道より

とあることから、N100系の位置付けはスペーシアの上位と考えられ、100系の置き換えについては特に言及されていません。

ただし、N100系と100系の並行運用となると、車両が純増になるため、現在の留置スペースのキャパシティ上限や、100系が経年によっていつまで持つのかという課題が残ります。

N100系で100系の順次置き換え

次に、N100系で100系を順次置き換えるパターン。

東武のプレスリリースにもある様に、N100系の導入予定数について、導入初年度(2023年)に4編成24両(1編成6両)となっています。

置き換え前提で導入数と100系の運用中本数(9編成54両)を見比べると、N100系導入初年度では100系9編成のうち4編成しか置き換えることが出来ません。

100系の中でも、106編成・107編成・108編成についてはJR直通対応改造を受けているので、初年度に置き換え対象になる可能性は低いと考えられます。

ただし、N100系が現状のスペーシアより上位グレードで登場し、100系をN100系に置き換えるとなると、現状のスペーシアから実質的な値上げになってしまう可能性があります。

仮に、N100系の一部の車両を上位グレードに設定し、他の座席を現状のスペーシアと同じ値段にするのであれば、置き換えによって付加価値の向上を見込めます。


編集後記

新型スペーシア楽しみね😺✨

関連リンク

2023年に特急スペーシアの新型車両を導入します|東武鉄道

日立が東武鉄道の新型特急車両「N100系」の製作会社に決定|日立製作所

関連記事

何故、東武特急は最大6両編成なのか?
東武では昔から、日光・鬼怒川などへの観光地輸送に力を入れています。東武線内だけでなく、JR新宿駅からもスペーシアが発着しているので、普段は東武を利用しない人でも、観光列車で東武特急に乗車したことがある人が多いかもしれません。また、季続きを読む
【超概説】東武100系・スペーシア
東武100系は東武鉄道の特急形車両。スペーシアの愛称を持ち、東武のフラッグシップ車両として製造された。東武線内だけでなく、JR東日本の新宿駅から日光・鬼怒川方面への乗り入れも行っている。
東武N100系・スペーシアX(新型スペーシア)導入までの記録
東武N100系(新型スペーシア)が導入されるまでの記録です。 N100系の初出は2021年11月11日のプレスリリースですが、現行のフラッグシップ特急である100系・スペーシアに代わる新型フラッグシップ特急の計画が始まった、「続きを読む

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
12月4日(日)
12月5日(月)
12月6日(火)
12月7日(水)
12月8日(木)
12月9日(金)
12月10日(土)
12月11日(日)
12月12日(月)なし
12月13日(火)
この記事が気に入ったら
フォローしよう!
ねこだよ!
コラム東武私鉄記録
【スポンサーリンク】
Stella Rail Side をフォローする
Stella Rail Side