記録

【スポンサーリンク】
正雀ウォッチ

正雀ウォッチ(2023年1月28日)

阪急京都線・正雀駅のウォッチです(2023年1月28日分)。 今週は雪の影響で千里線運用に9300系が入ったり、8004Fが正雀に入場したりしましたね。
京阪

【阪急】入場券の料金改定も明記してくれています(バリアフリー料金制度)

バリアフリー料金制度の導入に伴い、複数の鉄道事業者で2023年春から運賃が10円プラスされます。通勤定期を早めに購入した方が良いですね。 それはそうと、あまり触れられていない料金プラスがあります。タイトルでネタバレしていますが続きを読む
京急

京急の「省エネ車両」は98%らしい(2021年度末時点)

特に目新しいことではないので、備忘録的な何かとして記録です。 2023年1月18日に京急が公開した、機関投資家・アナリスト向けの資料で、省エネ車両の導入率について記載がありました。2021年度末時点で、約98%が省エネ車両とい続きを読む
正雀ウォッチ

正雀ウォッチ(2023年1月21日)

阪急京都線・正雀駅のウォッチです(2023年1月21日分)。 大阪メトロ66系66611Fが場所を転々としてますね。 7023Fは留置線から見えなくなりました。7022Fが西宮に戻っているのと、7005Fが留置線に出て来続きを読む
正雀ウォッチ

正雀ウォッチ(2023年1月15日)

阪急京都線・正雀駅のウォッチです(2023年1月15日分)。 7022Fが工場から出てきたり、3323Fに自動放送装置が取り付けられたりと、少しだけ動きがありました。
正雀ウォッチ

正雀ウォッチ(2023年1月7日)

阪急京都線・正雀駅のウォッチです(2023年1月7日分)。 年が明けましたが、この記事は淡々と正雀の状況をお伝えするだけです。
私鉄

【謎】3ヶ月運用離脱していたが、何事も無く運用復帰した阪急8300系8332Fと8313F

2022年7月末から2022年11月頭まで正雀に留置されていた8332Fと8313F。 8332Fと8313Fは、2両+6両の8両編成で運用されていますが、3ヶ月間、切り離されて正雀の留置線で休車扱いになっていましたが、何事も続きを読む
正雀ウォッチ

正雀ウォッチ(2022年12月31日)

阪急京都線・正雀駅のウォッチです(2022年12月31日分)。 2022年最後の記事ですが、特に感慨深いとかそういうのはありません。淡々と正雀の状況をお伝えするだけの記事なので。 さて、正雀に入った6001Fは、6014続きを読む
正雀ウォッチ

正雀ウォッチ(2022年12月25日)

阪急京都線・正雀駅のウォッチです(2022年12月25日分)。 12月17日のダイヤ改正から1週間が経過し、長らく留置線で日向ぼっこしていた3953が3323Fに戻され、3323Fが8両編成になったみたいです。
正雀ウォッチ

正雀ウォッチ(2022年12月17日)

阪急の正雀駅のウォッチです(2022年12月17日分)。 JR・私鉄各社のダイヤ改正が発表されたり、阪急の準特急が走り始めたりと、鉄道ファンにとってはワクワクの数日だと思います。 そして、この正雀ウォッチの記事で一番パワ続きを読む
【スポンサーリンク】