【スポンサーリンク】

【阪急】「A」と「S」の標識は何の意味があるのか?

阪急で前面展望をしていると、線路にちょいちょい設置されている「A」「S」の標識を見たことがある人は多いと思います。速度制限などの標識は数字が書いてあるので分かりやすいですが、「A」や「S」の標識は、いまいちピンと来ないと思います。

では、この「A」「S」の標識はいったいどんな意味があるのでしょうか?




「A」と「S」の標識

まずはこちらの写真をご覧下さい。

阪急で前面展望をしているとよく見かける「A」の標識。

こちらも同様に、前面展望をしているとよく見かける「S」の標識。駅のホームからでもよく見かけると思います。

少し引いた写真を用意しました。大阪梅田方面の線路の右に「A」と「S」の標識があります。

奥に写っている「S」の標識が見えづらいですが、このように、「A」の標識の先には「S」の標識が必ずあります。


「A」と「S」の標識の意味は?

「A」と「S」の標識はそれぞれ名称があります。

  • 「A」の標識…ATS A標識
  • 「S」の標識…ATS S標識

また、この「A」と「S」の標識、ただのオブジェではなく、ちゃんと役割があります。

ATSの話をすると非常に長くなるので、本記事では簡単に説明します。

ATS A標識(「A」の標識)

「ATS A標識」は、停止信号の接近点(アプローチポイント)のことです。「A」はApproachの頭文字であるAを指します。

信号機まで155mの地点に設置されており、その先の信号機が停止信号(赤信号)の場合、50km/hの制限が発生します。

停止信号(赤信号)の状態で、「A」の標識に到達するまでに50km/hを超えて走行していると警報音が鳴り、自動的にブレーキがかかります。

尚、「A」標識の先にある信号機が注意信号(黄色信号1)の場合、「A」の標識までは115km/hの制限が、「A」の標識と信号機の間には70km/hの制限が発生します。

ATS S標識(「S」の標識)

「ATS S標識」は、停止信号の停止点(ストップポイント)のことです。「S」はStopの頭文字のSのことです。

信号機まで62mの地点に設置されており、その先の信号機が停止信号の(赤信号)の場合、30km/hの制限が発生します。

停止信号(赤信号)の状態で、「A」から「S」の標識の間で30km/hを超えて走行していると警報音が鳴り、自動的にブレーキがかかります。

また、停止信号(赤信号)の状態で、「S」の標識から信号機の間を20km/h以上で走行すると、警報音がなり、自動的にブレーキがかかり、信号機の手前で停止します。


図にするとこんな感じ

信号現示・「A」「S」標識の位置・速度制限を図にするとこんな感じです(かなり簡略)。

ちなみに、これは平坦な場所の話であって、下り勾配区間では「A」「S」の設置地点がもう少し信号から離れています。

編集後記

「A」「S」の標識を通過する時の速度計見てみたら面白いよ😺



参考資料

『阪急テクノロジー』 阪急電鉄株式会社 コミュニケーション事業部

関連リンク

安全報告書 2021|阪急電鉄

関連記事

阪急で残っているパタパタはどこにある?(2022年3月)
先日、京急川崎駅のパタパタ(反転フラップ式案内表示機)が撤去されたことで盛り上がっていますが、阪急神戸線の岡本駅でもパタパタが撤去されました。 注目が集まった岡本駅のパタパタですが、阪急ではパタパタが残っている駅が4駅あります続きを読む
阪急が優等列車を停車させる基準は?
普段、優等列車と言われている特急や急行など何気なく乗っている時に、「どうしてこの駅に停まるんだろう?」と考える場合があると思います。 もちろん、何らかの理由があって停まります。しかし、優等列車が特定の駅に停車する基準と言うのは続きを読む
【阪急】踏切にあるビームが出そうなやつ…あれは一体?
踏切には安全対策のための色々な装置や標識が設置されています。警報機や遮断機は当然ですが、その他にも色々な装置が設置されており、事故が起きない様に様々な工夫が施されています。 ところで、阪急の踏切を見てみると、ビームが出そうな謎続きを読む

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
20日(土)
21日(日)

注釈

  1. 厳密には橙黄色だが、便宜上「黄色」と表記。
この記事が気に入ったら
フォローしよう!
ねこだよ!
コラム私鉄阪急
Stella Rail Side をフォローする
Stella Rail Side