【スポンサーリンク】

京阪3000系の余剰車両、どのように活用するのか?

2021年1月31日から営業運転が始まった、京阪3000系のプレミアムカー。

8000系用のプレミアムカーは改造工事によって誕生しましたが、3000系用のプレミアムカーは新造され、7号車と交換して組み込まれました。

めでたしめでたし…ではなく、プレミアムカーの代わりに取り出された元7号車は、寝屋川車庫の空の下で眠っています。余剰となった元7号車、いったいどうするのでしょうか?




京阪3000系の余剰車両

京阪3000系のプレミアムカーは新造され、6号車に組み込まれています。

その結果、元々、3000系に組み込まれていた7号車(3751~3756)は編成から離脱し、SIVを搭載している元6号車(3551~3556)が7号車に移動しています。

2代目3000系登場時
8両編成3000形3500形3600形3700形3150形3550形3750形3050形
VVVF・CPSIVVVVF・CPSIVVVVF・CP
McTTTMTTMc
3001F30013501360137013151355137513051
3002F30023052360237023152355237523052
3003F30033503360337033153355337533053
3004F30043504360437043154355437543054
3005F30053505360537053155355537553055
3006F30063506360637063156355637563056
↓2021年1月30日プレミアムカー導入↓
プレミアムカー導入後
8両編成3000形3500形3600形3700形3150形3850形3550形3050形
VVVF・CPSIVVVVF・CPSIVVVVF・CP
McTTTMTTMc
3001F30013501360137013151385135513051
3002F30023052360237023152385235523052
3003F30033503360337033153385335533053
3004F30043504360437043154385435543054
3005F30053505360537053155385535553055
3006F30063506360637063156385635563056

この3000系の余剰となった元7号車(3751~3756)は、いったいどうするのでしょうか?


3000系の余剰車両、どうするの?

3000系のプレミアムカーがデビューする前、京阪にて実施された報道公開で、余剰となった3000系の今後について言及しており、それをマイナビニュースが記載しています。

(前略)なお、今回の見学会の中で、3000系「プレミアムカー」の導入にともない置換えとなる一般車両に関して、今後の活用方法等は未定としつつ、廃車にはしない予定とのコメントも聞かれた。

京阪3000系「プレミアムカー」新造車ならではの改良も|マイナビニュースより引用

つまり、「廃車にはしないが、どうするかまだ分からない」ということです。

…ということで勝手に考えてみました。

  • 他形式に組み込み
  • 3000系を1本増備

可能性としてはどちらかになるかと。

他形式に組み込み

既にちらほら言われている話。13000系に組み込むパターンです。

3000系も13000系も川崎重工業のefACEを採用しているので、規格的には大丈夫そうですが、3000系はセミクロスシートなので、13000系に組み込む場合はロングシート化する必要があります。それに伴って、つり革の配置替え等、レイアウト関係に手を加える必要が出てきます。

ただ、2021年9月25日に行われたダイヤ改正によって減便されているので、輸送力増強を目的として6連や7連に組み込むと、本末転倒になります。

可能性としては、既存の13000系に組み込むよりも、13000系の新造車両に合わせて組み込むということも考えられますが、果たして…。


3000系を1本増備

可能性としては考えられますが、極めて実現が低いであろう、3000系の増備に余剰車両が使用されるという話です。

余剰車両は6両あるので、数を合わせるだけであれば、先頭車両2両を製造すると、8両編成を組成することが出来ます。

ただし、余剰の6両編成は全てT車(牽引車)です。3000系はMT比が3M5Tで、T車の2両にはSIVが搭載、そして1両はプレミアムカーなので、

  • 1両を電装改造してM車化(電動車用の台車も必要)
  • 2両にSIVを搭載
  • 1両はプレミアムカー改造
  • 4両目・5両目に簡易運転台設置

という工事が必要になります。車体製造のコストは削減可能ですが、先述した他形式への組み込みよりも費用はかかります。

また、現行ダイヤと利用状況を鑑みて、3000系がもう1本必要なのかを考えると、不要です。むしろ過剰供給になってしまいます。

カギは中之島線の延伸?

3000系の元7号車に余剰が発生してから1年以上は経過していますが、2022年4月時点で車齢は14年に満たない状態です。なので、車体腐食等の劣化に対するメンテナンスを実施していれば、まだまだ持ちます。

その上で、考えられるのが中之島線の延伸です。

中之島線の延伸構想は、中之島から新桜島までの区間であり、大阪IRの開業を前提とした構想になっています。大阪IRは実現に向けて徐々に進んでおり、大阪IRの事業会社である大阪IR株式会社に京阪も出資しています。

とは言え、大阪IRが実現に向けて前進しているのは確かですが、未定の部分も多い状況です。すんなり、大阪IRが実現するとなると、京阪も中之島線延伸に向けて大きく前進するでしょう(文章で書いてしまえば簡単ですが…)。そうなると、必要になるのは車両です。

留置キャパシティは一旦置いておいて、中之島線延伸で車両が必要になってくると、余剰となっている3000系元7号車の出番が回ってくる可能性が出てきます。

もちろん、中之島線延伸に伴って、輸送力増強のために3000系元7号車を他形式に組み込むのもアリですし、淀屋橋~出町柳のプレミアムカーを中之島線でも営業するとなれば、3000系増備という話も浮上すると考えられます。

ただし、これは中之島線延伸が実現に至った場合です。まだ、大阪IRも確定ではなく、大阪IRが確定しないと、中之島線延伸も前に進めることが出来ません。


編集後記

余剰の3000系元7号車、イベントか何かで使って欲しいわね😺

関連リンク

京阪3000系「プレミアムカー」新造車ならではの改良も|マイナビニュース

関連記事

【超概説】京阪3000系(2代目)<コンフォート・サルーン>
2代目京阪3000系は京阪電気鉄道の特急形(優等列車用)車両。愛称はコンフォート・サルーン。 中之島線の開業と同時に快速急行用の車両としてデビューしたが、中之島線の利用が予測よりも下回ったことにより、徐々に京阪本線の特急を補完続きを読む
【京阪】「エレガント・サルーン」「コンフォート・サルーン」「シティ・コミューター」とは?
「エレガント・サルーン」「コンフォート・サルーン」「シティ・コミューター」とは、京阪電気鉄道における、車両の愛称のこと。 それぞれ、大阪・京都・京阪沿線を象徴するセンテンスを選んでおり、愛称の雰囲気に合わせたイメージカラーを纏続きを読む

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
20日(土)
21日(日)