記事内に広告が含まれています。
【スポンサーリンク】

【阪急】プライベースの運行は2024年7月から!料金・客室イメージ等も公開

2024年2月26日、阪急電鉄のリリースでプライベースの詳細が少しだけ公開されました。運行開始時期は2024年7月、料金は税込500円、また、客室イメージも公開されています。



追加料金は500円

阪急電鉄 リリースより

阪急の有料座席指定サービス・プライベース(PRiVACE)の詳細が少しだけ明らかになりました。

  • 運行開始時期:2024年7月
  • 座席指定料金:税込500円(一乗車あたり)
  • 購入方法:専用のWEBサイトで予約、添乗する専属のアテンダントから直接購入も可能

座席は2列+1列で、2列シートの中央にパーテーションを設置、座席1列ごとに窓を配置。客室の床面にはカーペットを採用し、車内の静粛性にも配慮しているとのことです。



概要サマリ

座席指定料金 500円(税込) 
※2024年7月から運行開始。WEB・車内購入
車内設備 共用荷物コーナー
車いす優先席
防犯カメラ
空気清浄機
車内無料Wi-Fi サービス
座席設備 収納式テーブル
ドリンクホルダー
荷物用フック
マガジンラック
読書灯
コンセントなど
その他 専属アテンダントが添乗

プライベース車両は新2300系と9300系(一部)に組み込まれる予定で、1時間あたり2~3本の運行でスタート。その後は増備し、2025年には1時間あたり4~6本の頻度で運行予定となっています。

尚、9300系に組み込まれたプライベース車両は、順次、新2300系に再組み込みされる予定となっています。



ギャラリー

プライベース車内の各種イメージも公開されています。
座席は2列+1列の配置。嵐山線を走る6300系リニューアル車以来の座席配置です。2列シートには中央にパーティションがあります。

阪急電鉄リリースより

リクライニングに座面が連動する機構を採用し、収納式テーブル・ドリンクホルダー・荷物用フック・マガジンラック・読書灯・コンセントなどが配置されており、500円のグレードとは思えないレベルの贅沢な機能が備わっています。

阪急電鉄リリースより

阪急電鉄リリースより

阪急電鉄リリースより

共用荷物コーナーも贅沢な感じに仕上がっています。

阪急電鉄リリースより

楽しみね😸ワクワク



車内で購入も出来る模様

ABCニュースの報道によると、どうやら、WEB予約に加えて、車内でも購入できるみたいです。

 料金は区間に関係なく、一乗車あたり500円で、チケットはWEB予約のほか、添乗する専属のアテンダントから直接購入することができるということです。

―ABCニュース「阪急初の有料座席指定「PRiVACE」 7月から京都線で開始 料金500円 「上質感」を演出」



関連リンク

~日常の“移動時間”を、プライベートな空間で過ごす“自分時間”へ~ 当社初の座席指定サービス『PRiVACE(プライベース)』 2024年7月デビュー! プライベート感と快適性を兼ね備えた、上質な内装デザインで誕生!|阪急電鉄

阪急電鉄京都線 座席指定サービス PRiVACE -プライベース-
阪急電鉄京都線 座席指定サービス PRiVACE -プライベース- 2024年夏運行開始

関連記事

【阪急】2024年夏に導入する有料座席指定サービスの名称を「PRiVACE(プライベース)」に決定
2023年11月21日、阪急電鉄が有料座席指定サービスの名称を発表しています。その名も「PRiVACE(プライベース)」。 2024年夏頃から京都線において、新2300系と一部の9300系で導入され、特急系列車(特急・通勤特急・準特急)が担続きを読む
【阪急】新2300系&プライベース搬入まとめ(12月4日~12月7日)
当サイトで個別に取り上げていた、阪急新2300系トップナンバーである2300Fの搬入(12月4日~12月7日)のまとめです。
【阪急】有料座席指定サービス「PRiVACE(プライベース)」導入までの道のり(記録)
2021年2月17日の朝日新聞の初報にて明らかになった、阪急の有料座席指定サービス。それから約2年9ヶ月後の2023年11月21日に、満を持して有料座席指定サービスの名称「PRiVACE(プライベース)」の発表に至りました。2024年夏頃に続きを読む
😼ランダムで記事を見る😽

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付 イベント
4月10日(水)
4月11日(木)
4月12日(金)
4月13日(土)
4月14日(日)
4月15日(月)
4月16日(火)
4月17日(水)
4月18日(木)
4月19日(金)