記事内に広告が含まれています。
【スポンサーリンク】

【東武】200系「りょうもう」、2027年までは生き残りそう…?

2024年2月27日の東武鉄道のリリースで、200系「りょうもう」のラッピング車両、「りょうもう『カルピス』EXPRESS」の運行を発表しています。

「りょうもう『カルピス』EXPRESS」の運行は2024年3月31日から約3年間。それを考えると、2020年から徐々に廃車が進んでいる200系ですが、2027年までは運行する可能性が考えられます。



200系に『カルピス』のラッピング

2024年2月27日の東武鉄道のリリースで、200系の「りょうもう『カルピス』EXPRESS」の運行が発表されています。

東武鉄道リリースより

  • 運行期間:2024年3月31日(日)から約3年間
  • 使用車種:200系(1編成6両)
  • 運行区間:東武スカイツリーライン、伊勢崎線、桐生線
  • カラーリング:「カルピス」をイメージしたカラーリングに変更

東武の運行エリアである館林は、アサヒ飲料の館林エリア・群馬工場が「カルピス みらいのミュージアム」を「地域共創」の拠点として構えていることから、今回の特別コラボ企画に至ったの事です。

…で、鉄道ファン的に気になるのは、200系の動向です。



ひとまず、2027年まで走る…?

今回の『カルピス』のラッピングは、約3年間運行使用車種は200系と発表されています。

東武鉄道リリースより 赤線部加筆

特に問題が無ければ、200系が2027年まで担当すると考えられますが、気になるポイントは200系の車齢です。

200系は、東武特急で有名な「デラックスロマンスカー」と言われた、1700系・1720系を種車として改造された200型と、1998年に新造した250型の2種類があります。

1700系は1956年~1957年に製造、1720系は1960年~1973年にかけて製造されており、1990年代に200系に改造・更新が施工されているとはいえ、かなりの高齢車両と言えます(1990年代から起算しても車齢30年を超えるので、なかなかの車齢です)。

尚、205Fは1956年製造のモハ1701が種車なので、2024年2月時点で、実質的な車齢は68年です。

編成 種車 種車製造年 200系更新年 廃車年
201F 1720系1741F 1963年 1990年 2020年
202F 1720系1731F 1961年 1990年 2022年
203F 1720系1751F 1964年 1991年
204F 1700系1711F 1957年 1991年
205F 1700系1701F 1956年 1992年
206F 1720系1761F 1968年 1994年
207F 1720系1781F 1973年 1997年
208F 1720系1721F 1960年 1997年 2021年
209F 1720系1771F 1971年 1998年
251F 新造 ※1998年新造 2022年

200系は特急車両ということで、製造両数が多いという訳ではありません。もし、最後の1編成まで出来るだけ長く運用する場合、1年で1~2編成を廃車にして、その廃車の部品を予備部品に流用する…という方法を取ることが考えられます。

予備部品を確保して、念入りにメンテナンスしたとしても、やはり高齢車両。途中で変更になる可能性があるかもしれません。



編集後記

何事もなく無事に走り抜けて欲しいわね😺

関連リンク

3月31日(日)から「りょうもう『カルピス』EXPRESS」を運行 ~「カルピス」をイメージしたカラーリングの特急りょうもう号、運行初日にお披露目ツアーを実施~ |アサヒ飲料・東武鉄道

関連記事

西武9000系、わずか10年で機器更新が実施された理由
1993年から製造された西武9000系は、西武最後の黄色い電車です。 西武6000系が、プロ野球球団・西武ライオンズのイメージカラーであるライオンズブルーを纏った姿で登場した翌年に、新2000系の見た目で登場した9000系。しかし、1993続きを読む
😼ランダムで記事を見る😽

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付 イベント
4月10日(水)
4月11日(木)
4月12日(金)
4月13日(土)
4月14日(日)
4月15日(月)
4月16日(火)
4月17日(水)
4月18日(木)
4月19日(金)