記事内に広告が含まれています。
【スポンサーリンク】

【阪急】有料座席指定サービス「PRiVACE(プライベース)」導入までの道のり(記録)

2021年2月17日の朝日新聞の初報にて明らかになった、阪急の有料座席指定サービス。それから約2年9ヶ月後の2023年11月21日に、満を持して有料座席指定サービスの名称「PRiVACE(プライベース)」の発表に至りました。2024年夏頃に京都線への導入が明らかになっています。

当サイトで引き続き追いかける予定ですが、ひとまず、区切りとしてタイムライン形式でまとめることにしました(資料集めただけですが、Wikipediaのベースになるはず)。



「PRiVACE(プライベース)」導入までのタイムライン

「PRiVACE(プライベース)」導入までのタイムライン
初報こそ朝日新聞がリークしていますが、基本的に後追い各メディアは朝日新聞を読んだ感想を書いているだけなので省略しています。



当初コンセプトからは変更

有料座席指定サービスの初報から追いかけて行くと分かりますが、当初コンセプトから変更となっています。

有料座席指定サービスの話が出て来た発端は、2021年2月17日の朝日新聞デジタルの報道です。

報道内容を要約すると、

  • 通勤時間帯に有料で座れる特急車両の導入
  • コンセントや通信環境も整備
  • 大阪梅田~京都河原町での想定
  • 専用車両 or 一部車両の有料指定席

というもの。つまり、当初のコンセプトは、「通勤時間帯の座席指定サービス」であったと言えます。

ただ、朝日新聞の報道後、2021年・2022年の決算説明では、通勤時間帯とは明記しておらず、「座席指定サービス」と記載されています。

2023年11月21日のリリースで、有料座席指定サービス名称「PRiVACE(プライベース)」の発表とともに、「特急・通勤特急・準特急」への有料座席指定サービスの導入が明らかになっています。

通勤特急・準特急は通勤時間帯に運行していますが、特急は日中にも運行されており、通勤時間帯以外にも「PRiVACE(プライベース)」が運行されることが分かります。



関連記事

【阪急】2024年夏に導入する有料座席指定サービスの名称を「PRiVACE(プライベース)」に決定
2023年11月21日、阪急電鉄が有料座席指定サービスの名称を発表しています。その名も「PRiVACE(プライベース)」。 2024年夏頃から京都線において、新2300系と一部の9300系で導入され、特急系列車(特急・通勤特急・準特急)が担続きを読む
【阪急】新型2300系・2000系を2024年夏から導入へ!
阪急電鉄は、2023年10月6日のリリースで、新型車両の2300系・2000系を2024年夏から導入することを発表しています。 ついに来ました、有料座席指定サービス対応の阪急の新車です。
😼ランダムで記事を見る😽

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付 イベント
4月10日(水)
4月11日(木)
4月12日(金)
4月13日(土)
4月14日(日)
4月15日(月)
4月16日(火)
4月17日(水)
4月18日(木)
4月19日(金)