【スポンサーリンク】

正雀ウォッチ(2022年7月17日)

阪急の正雀駅のウォッチです(2022年7月17日分)

先週まで7323F+7321Fが留置されていましたが、一部中間車の内装が更新されて運用復帰している様子。

7月に届いたファンクラブ会報(vol.101)で、京都線については8300Fのリニューアル工事が記載されているものの、7323F+7321Fについては触れられておらず、サイレントプチリニューアルと言ったところでしょうか。



留置状況(2022年7月17日 午前)

留置線から出て来た6354F。京とれいん運用に入るためすぐに出て行きました。

では、奥から、6023F(見えない)・9304F(見えない)・8002F(見えない)・1315F・7305F・3330F。

こちらは5308F・8331F+8312F・7326F+8304F・3324F。

こっちは1305F・7327F+7307F。

日陰には1314F・1312F・1304Fがいらっしゃいました。

裏に回ります。といっても、裏から見えなかったのはあまりなかったです。

3330Fのウラにいる3328F。

1315Fの奥にいる8002F。

最奥にいらっしゃる9304Fと6023F。

9304Fは長期間いらっしゃいますが、いつ出て来るのやら…



2022年7月9日午前との状況比較

メモ程度で。

  • 7004F→状況変わらず(正雀工場内)
  • 9304F→状況変わらず(留置線)
  • 8002F→試運転済(7月8日)
  • 8300F→状況変わらず(正雀工場内)
  • 1315F→状況変わらず(留置線)
  • 6000F→平井返却(7月12日)
  • 能勢電鉄5148F→状況変わらず(正雀工場内)
  • 9003F→状況変わらず(正雀工場内)
  • 6023F→正雀入場(7月13日)
  • 7323F+7321F→7801と7861のみ内装更新状態で出場



関連記事

1週間前の正雀ウォッチ。

正雀ウォッチ(2022年7月9日)
阪急の正雀駅のウォッチです(2022年7月9日分)。

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
12月4日(日)
12月5日(月)
12月6日(火)
12月7日(水)
12月8日(木)
12月9日(金)
12月10日(土)
12月11日(日)
12月12日(月)なし
12月13日(火)
この記事が気に入ったら
フォローしよう!
ねこだよ!
正雀ウォッチ私鉄記録阪急
【スポンサーリンク】
Stella Rail Side をフォローする
Stella Rail Side