【スポンサーリンク】

東武N100系・スペーシアX(新型スペーシア)導入までの記録

東武N100系(新型スペーシア)が導入されるまでの記録です。

N100系の初出は2021年11月11日のプレスリリースですが、現行のフラッグシップ特急である100系・スペーシアに代わる新型フラッグシップ特急の計画が始まった、「東武グループ中期経営計画2017~2020」から辿り、リリース等の発表次第、適宜更新する予定です。




N100系・新型スペーシア導入の道のり

東武N100系導入まで

2022年11月7日時点まで。



初出

N100系・新型スペーシアの導入が正式に公開されたのは、2021年11月11日です。しかし、東武では、それ以前から新型フラッグシップ特急の導入をほのめかしています。

初出はいつ・どこになるのかというと、2017年5月12日に発表された東武グループ長期経営構想・東武グループ中期経営計画2017~2020です。

中期経営計画2017~2020のPlan3「沿線における事業の深耕による沿線価値の向上(輸送サービスのレベルアップ)」の手段として、2021年頃に「フラッグシップ特急導入」を検討していました。

この時点でフラッグシップ特急についての詳細は明かされていませんでしたが、

  • 2021年頃に導入
  • フラッグシップ特急である(東武のフラッグシップ特急は100系)
  • 100系が、2020年時点で車齢30年に到達する

ということから、100系の置き換えに、新しいフラッグシップ特急の導入を予告しているとも言えました。

計画の消滅

2020年5月15日に発表された「東武グループ中期経営計画」で「フラッグシップ特急導入」の記述が消えています。

ただし、マスタースケジュール上の2021年度以降の計画で「フラッグシップ特急導入」が「新型観光特急運行開始」という記述に変わっていることから、2020年度5月時点の扱いとしては「フラッグシップ特急=新型観光特急」と考えられます。

2020年の初めから新型コロナウィルスの感染拡大の影響にともない、社会情勢が一変しています。2019年度までは鉄道業界に限らず、多くの業界でインバウンド需要の増加を前提とした計画を策定していましたが、新型コロナウィルスの影響でインバウンド需要は激減していました。

東武も例外ではありませんでしたが、2020年5月時点では、2021年度以降にフラッグシップ特急(新型観光特急)を導入する可能性が残されていました。

ところが、2020年7月30日に発表された「東武グループ中期経営計画2017~2020」の終了中期経営計画そのものが消滅してしまいます。ここで、フラッグシップ特急の計画も消滅することになりました。

2017年~2020年における中期経営計画の終了の理由としては、

・新型コロナウィルス感染拡大により、計画当初と現在の事業基盤に大きな乖離が生じている。
・中期経営計画の目標とする経営指標の数値については、新型コロナウイルス感染症の影響がなかった場合、概ね達成し、成長戦略投資、株主還元等の目標についても達成
・上記を勘案し、現中期経営計画は終了とする。
・事業環境の大幅な変容を見極めつつ、事業基盤の確立に向けた新たな中期経営計画を策定

「東武グループ中期経営計画2017~2020」の終了より

ということを挙げています。

また、「2020年度における取り組み」として、

  • 費用削減、安全対策投資を除く投資計画の見直し
  • 既存投資事業の早期収益化

を掲げています。事実、観光需要が激減(ほぼ消滅)していたことから、新型フラッグシップ特急導入の優先度が下げられ、先行投資対象が見送られたことは仕方のないことでした。



新型フラッグシップ特急の復活

中長期計画の終了が発表されて以降、2020年度の設備投資計画(2020年8月25日リリース)2021年度の設備投資計画(2021年4月30日リリース)で500系・リバティの新造が発表されていますが、新型フラッグシップ特急については一切触れていません。

しかし、2021年11月11日に突如として大きな動きがありました。

「東武グループ中期経営計画2017~2020」で計画するも、計画そのものが消滅してしまい、多くの鉄道ファンの記憶の彼方に忘却されかけていたフラッグシップ特急導入が復活したのです。

まず、東武がフラッグシップ特急車両の導入が発表。その車両型式はN100系となっており、100系・スペーシアの後継車両と位置づけられ、外観のイメージパースも公開されました。

同日に日立製作所も製作受注を発表しており、「A-train」コンセプトで製造されることが明らかになっています。

また、リリース同日に東武鉄道株式会社・東武タワースカイツリー株式会社の両社が、スペーシアに関連する商標出願を行っています(公開日は2021年11月30日)。

インテリア・シートバリエーション発表、車両製造の開始

2022年4月25日、6種類のシートバリエーションと、車内のイメージパースが公開されました。

スペーシアでも人気だったコンパートメント席に加え、先頭車両は前面展望可能なコクピットスイート(浅草方面)とコクピットラウンジ(日光方面)を擁し、座席はプレミアムシート・スタンダードシート・ボックスシートの3種類。

また、2022年4月28日にリリースされた、2022年度の設備投資計画で、2023年の導入に向けて、2022年度中に車両製作の実施が発表されました。

【2022年5月末時点】
導入経緯については、一旦ここまでとします。新たに発表があり次第、適宜追記します。
不備不足ありましたら、当サイトのTwitterアカウントまでご連絡いただければ幸いです。



個別事項

N100系の導入までの経緯とは別に、N100系に関する個別事項を取り上げたものです。

列車愛称

2022年6月1日に「みんなで新型特急スペーシアの愛称を予想しよう!キャンペーン」の実施を開始。

愛称候補は以下の通り。

  • プレミアムスペーシア
  • スペーシアX(エックス)
  • グランスペーシア
  • スペーシアルクス

2022年7月15日、上記4候補のうち、スペーシアX(エックス)が愛称に決定。

特急スペーシア新型車両(N100系)の愛称名をSPACIA X に決定しました|東武鉄道

商標

出願番号商標リンク
商標出願2021-140688プレミアム スペーシア\PREMIUM SPACIA🔗
商標出願2021-140689スペーシア ルクス\SPACIA LUXE🔗
商標出願2021-140690スペーシア クロス\SPACIA X🔗
商標出願2021-140691スペーシア エックス\SPACIA X🔗
商標出願2021-140692グラン スペーシア\GRAN SPACIA🔗

2021年に東武鉄道株式会社・東武タワースカイツリー株式会社が商標出願(公開日:2021年11月30日)。

座席・シートバリエーション

車両バリエーション座席数
1号車コクピットラウンジ20席
カフェカウンター
2号車プレミアムシート35席
3号車スタンダードシート56席
4号車スタンダードシート56席
5号車スタンダードシート18席
ボックスシート4席
6号車コンパートメント4名個室×4
コックピットスイート7名個室

東武鉄道「特急スペーシア新型車両のインテリア&シートバリエーションが決定」より

導入数(2022年設備投資計画発表時点)

24両(6両固定)×4編成

導入路線(2022年設備投資計画発表時点)

東武スカイツリーライン ・日光線・鬼怒川線(浅草~東武日光駅・鬼怒川温泉駅間)



関連リンク

本文中各所に適宜記載。

関連記事

【東武】新型スペーシアのインテリアとシートバリエーションが決定
2022年4月25日、東武鉄道のリリースで、2023年導入予定の新型スペーシアのインテリアとシートバリエーションが発表されました。 シートバリエーションは6種類に及び、各グレードのシートにはそれぞれの特徴と、落ち着きつつも高級続きを読む
フラッグシップ車両とは?
フラッグシップ車両とは、特定の鉄道事業者において、もっとも重要な位置付けとされる車両のこと。鉄道事業者のブランディング戦略の一環で、特定の車両(主に特急形車両)をフラッグシップ車両と呼称している。

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
12月4日(日)
12月5日(月)
12月6日(火)
12月7日(水)
12月8日(木)
12月9日(金)
12月10日(土)
12月11日(日)
12月12日(月)なし
12月13日(火)
この記事が気に入ったら
フォローしよう!
ねこだよ!
東武私鉄記録
【スポンサーリンク】
Stella Rail Side をフォローする
Stella Rail Side