【スポンサーリンク】

正雀ウォッチ(2022年4月30日)

阪急の正雀駅のウォッチです(2022年4月30日分)。




留置状況(2022年4月30日 午前)

洗車のために留置線から出て来た3330F。この後すぐに折り返して洗車していました。

奥から8302F・8002F・7004F・5304F・1314F・1313F・8302F。5304Fは先頭の5304が外されている様子。

裏側から。8302Fは梅田方4両が留置線にいらっしゃいました。

8302Fの隣には4月26日に入場した8002F。どうやら先頭の8002だけどこか別のところにいる模様(工場内?)。

相変わらず同じ場所に鎮座していらっしゃる7004F。救援幕から変化なし。隣には9304Fが先週に引き続いて大阪方4両だけ。

先日搬入された1314Fと前年度に導入した1313Fの並び。

こちらは5324F・8300F・7320F・1305F。

こっちには5323F・1312F・7304F。



2022年4月24日午後との状況比較

メモ程度で。

  • 8302F→大阪方4両だけ留置線
  • 7004F→状況変わらず
  • 5304F→先頭の5304が不在(正雀工場内?)
  • 5300F→正雀工場内?(姿は見えず)
  • 7030F→正雀工場内?(姿は見えず)
  • 1314F→状況変わらず
  • 5146F→能勢電鉄線内に戻っている
  • 9304F→状況変わらず(大阪方4両だけ留置)
  • 8002F→4月26日に入場(先頭8002が正雀工場内?)

5304Fの先頭が見えなくなったため、もう少し正雀に留まりそうです。

一方、8302Fはそろそろ出てきそうな気配ですね。



関連記事

1週間前の正雀ウォッチ。

【正雀ウォッチ】阪急1314Fと能勢電鉄5146Fが並ぶ(2022年4月24日)
阪急の正雀駅のウォッチです(2022年4月24日分)。 4月11日~14日にかけて搬入された1314Fは未だ留置線のままですが、留置場所が移動しています。また、検査入場していた能勢電鉄5100系5146Fが留置線に出てきていま続きを読む

1週間後の正雀ウォッチ。

正雀ウォッチ(2022年5月8日)
阪急の正雀駅のウォッチです(2022年5月8日分)。 ゴールデンウィークということもあり、あまり動きはありません。

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
12月4日(日)
12月5日(月)
12月6日(火)
12月7日(水)
12月8日(木)
12月9日(金)
12月10日(土)
12月11日(日)
12月12日(月)なし
12月13日(火)
この記事が気に入ったら
フォローしよう!
ねこだよ!
正雀ウォッチ私鉄記録阪急
【スポンサーリンク】
Stella Rail Side をフォローする
Stella Rail Side