モグラ准教授

私鉄

【超概説】阪急1300系(2代目)

阪急1300系は阪急京都線の通勤形車両。神戸線・宝塚線仕様である1000系と同じコンセプトのもと、設計・製造されたため、1000系とほぼ同仕様である。9300系に引き続き、神戸線・宝塚線での運行も考慮された寸法となっている。
京阪

【超概説】京阪6000系

京阪6000系は京阪電気鉄道の通勤形車両。1500V昇圧対応車両として旧形式車両を置き換える目的で製造された。外観の斬新さだけではなく、技術面でも初採用が多く、京阪車両の近代化に大きく貢献している。
私鉄

【超概説】阪急1000系(2代目)

阪急1000系は阪急神戸線・宝塚線の通勤形車両。9000系・9300系の開発コンセプトを継承しつつ、環境に配慮した省エネルギー性能の向上や、車内外の騒音低減を図った。
私鉄

【超概説】近鉄16200系<青の交響曲(シンフォニー)>

近鉄16200系は近畿日本鉄道の特急形車両。大阪阿部野橋~吉野を走る、「上質な大人旅」をコンセプトとした観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」の運行に使用されている。
南海

【超概説】南海10000系<サザン>

南海10000系は南海電気鉄道の特急形車両。愛称は「サザン」。 南海本線において、特急「四国号」で使用していた初代1000系の老朽化に伴い新造された。尚、1983年に高野線で運行が開始されていた30000系をモデルにして製造さ続きを読む
京阪

【超概説】京阪7200系

京阪7200系は京阪電気鉄道の通勤形車両。7000系をベースにして車両内外に改良を加えた。 少ない製造数のため、京阪車両の過渡期の繋ぎとも考えられるが、9000系・10000系のベースになるなど、後年に登場した形式に少なからず続きを読む
京阪

【超概説】京阪7000系<京阪初のVVVFインバータ本格採用>

京阪7000系は京阪電気鉄道の通勤形車両。 京阪で初めてVVVFインバータを本格採用した形式。最終編成の7004Fは、VVVFインバータを試験的に採用していた6000系6014Fから編入して組成している。
南海

【超概説】南海12000系<サザン・プレミアム>

南海12000系は南海電気鉄道の特急形車両。愛称は「サザン・プレミアム」。特急「サザン」よりもワンランク上の設備と利用価値を提供するために製造された。
南海

【超概説】南海50000系<ラピート>

南海50000系は、南海電気鉄道の特急形車両。愛称は「ラピート」。 その奇抜なフォルムから鉄人28号と呼ばれたりしているが、ネオ・ジオン仕様(機動戦士ガンダムユニコーン)になったり、スター・ウォーズのキャラクターが(ラッピング続きを読む
私鉄

【超概説】阪急9000系<洗練された神宝線用車両>

阪急9000系は、阪急神戸線・宝塚線の通勤形車両。先に導入されていた京都線用・9300系と同仕様だが、寸法は神宝線規格、電気機器は神宝線の伝統で東芝製を採用する等、神宝線独自の要素も盛り込まれている。