【スポンサーリンク】

バルーンフェイスとは?

バルーンフェイスとは、京急600形以降で採用された、京急車両の前面形状の通称。一部の鉄道ファンからバルーンフェイスと呼ばれているが、京急公式にはバルーンフェイスと明言していない。

バルーンフェイスとは?

バルーンフェイスとは、京急600形以降で採用されている、京急車両の前面形状の通称です。

600形で初めて採用され、以降に登場する2100形・1000形でも採用されています。

三次元曲面の前面形状は、従来の京急車両から一線を画したデザインになっており、平成以降の京急車両は、バルーンフェイスを想像する方も多いでしょう。

各形式のバルーンフェイス

京急600形

1994年から登場したバルーンフェイスの原型です。通過標識灯が内側・尾灯が外側。よく見るやつ。

京急2100形

600形とほぼ同じです。2100形以降、通過標識灯が外側・尾灯が内側が標準になりました。よく見るやつ。

京急1000形アルミ車両(1次車~5次車)

2100形と同形状です。よく見るやつ。

京急1000形ステンレス車両(6次車以降、1800番台・1890番台を除く)

2100形・1000形アルミ車両と比べると、アイボリー部分の塗装が下方に絞られており、前照灯と尾灯含めて、丸みが強調されたデザインになっています。よく見るやつ。

関連記事

京急1000形、カラーリングの変遷と理由
京急随一のカオスとも言われる京急1000形。1000形の編成でも色々と調べると沼ってしまうことが間違いないのですが、その中でも特に印象的なものと言えば、車体のカラーリングと言って差し支えありません。 バリエーションによって異な続きを読む
京急1000形の中でも個性が強過ぎた15次車
京急1000形というのは製造する度に新しい何かを提供します。そのスタンスは京急らしいと言えば京急らしいのですが、その中でも群を抜いて「京急らしさ」が全開になったのが、京急1000形15次車です。
【超概説】京急600形(3代目)<クロスシートで登場した地下鉄直通車両>
3代目京急600形は京浜急行電鉄の通勤形車両。ツイングルシートと呼ばれる可動式座席が備えられたクロスシートの地下鉄線直通車両として登場し、ネタ的にも一世を風靡したが、主要機器が京急1500形VVVF車両とほぼ同じだったり、結局はロン続きを読む

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
24日(月)
25日(火)
26日(水)
27日(木)
28日(金)
29日(土)
30日(日)
31日(月)
1日(火)
2日(水)
3日(木)