【スポンサーリンク】

【東武】新型フラッグシップ特急計画、復活する(新型スペーシア導入)

2021年11月11日に、東武鉄道が新型スペーシアの導入を発表しました。導入時期は2023年を予定。100系・スペーシアの後継であることから、形式はN100系となります。

N100系の製造は、日立製作所が担当。東武では野田線で運行されている60000系以来の日立製作所製造車両となります。




特急スペーシアの新型車両、N100系導入へ

東武伊勢崎線・日光線・鬼怒川線で運行している東武100系・スペーシアの新型N100系が2023年に導入されます。

新型特急「N100系」 概要

  • 車両型式名:N100系
  • 愛称:未定
  • 導入両数:24両
  • 編成:6両固定
  • 座席数:212席
  • 導入路線:東武スカイツリーライン・日光線・鬼怒川線 浅草~東武日光、鬼怒川温泉間
  • 導入時期:2023年(予定)
  • 制作会社:日立製作所
  • その他:本特急列車運行の使用電力相当分について、東京電力エナジーパートナー㈱のFIT 非化石証書を活用したメニューなどを使用し、CO2排出量実質「ゼロ」となる電力に置き換えます。
    また、当社初となる高度な除菌消臭機能を有する空気清浄機等を搭載し、引き続き、新型コロナウイルス感染症対策を図ります。

2023年に特急スペーシアの新型車両を導入します|東武鉄道より

尚、日立製作所側のリリースでは、

日立は鉄道事業者と共に、「A-train」コンセプトと最新の技術を通じて、鉄道利用者に「安全で快適」な鉄道での上質な移動空間を提供していきます。

日立が東武鉄道の新型特急車両「N100系」を受注|日立より

としており、A-trainブランドで製造される予定です。



 

<車両概要>
(1)コンセプト「Connect & Updatable~その人、その時と、つながり続けるスペーシア~」
鉄道の物理的なつながりに留まらず、様々な情報やサービスを更新し提供することで、車両に乗り込んだ瞬間から、お客様それぞれにとって「自分だけの最適な日光・鬼怒川エリア」とつながることができ、幾度も同エリアを訪れたくなる特急を目指します。
(2)車両デザイン
現スペーシアのフォルムを現代に進化させ、デザインに取り入れました。カラーリングは日光東照宮陽明門・唐門・御本社に塗られた「胡粉(ごふん)」の白を彷彿とさせる高貴な白をイメージし、窓枠は鹿沼に伝わる組子や、竹編み細工といった江戸の手仕事を思わせる丁寧につくられた工芸品のような
佇まいで、大切なものを包み込んでいるかのような期待を演出しています。
(3)座 席
現スペーシアにある個室も継承するほか、ラウンジなど新たに様々なタイプの座席を用意することで、より上質な空間を提供するとともに、幾度も乗車したくなる特急を目指します。
(4)カフェカウンター
「自分だけの最適な日光・鬼怒川エリア」と出会える場となるため、新しいものを積極的に取り入れ、ここでしか出会えない五感で楽しむ商品等を提供します。
(5)カーボンニュートラルな運行
現スペーシアと比べ、CO2排出量を最大40%削減します。また、運行の使用電力相当分は、全て再生可能エネルギー由来の電力に実質的に置き換え、CO2排出量を実質「ゼロ」とします。

2023年に特急スペーシアの新型車両を導入します|東武鉄道より

デザインは「「胡粉(ごふん)」の白を彷彿とさせる高貴な白をイメージ」とある通り、白色がベースの外観です。また、イメージ画像を見る限り、先頭車両は前面展望が望めそうな外観です。

車内は、「現スペーシアにある個室も継承するほか、ラウンジなど新たに様々なタイプの座席を用意」に加えてカフェカウンターもあることから、1編成でクロスシート車両・個室車両・ラウンジ車両・カフェ車両を擁する贅沢な様相になりそうです。


止まっていたフラッグシップ特急計画の復活

今回の新型スペーシアの話、自然発生的に降って涌いた話ではなく、以前から計画されながらも、中止になったフラッグシップ特急計画の復活となります。

2017年5月12日に東武鉄道から発表された『東武グループ長期経営構想・東武グループ中期経営計画2017~2020』の16ページ目に、「快適な輸送サービスの提供」というトピックがあります。そこには、

■フラッグシップ特急の導入
最高級のおもてなしを提供

■特急車両500系の増備
シームレスな輸送サービスの提供

と記載されています。

この時は、N100系やスペーシアという名称は明記されていませんが、ここが新型フラッグシップ特急計画の初出です。

その後、2020年5月15日リリースの『「東武グループ中期経営計画」の推進』では、2ページ目の進捗資料内にある「2021年度以降」では「新型観光特急運行開始」と小さく書かれています。ただし、いつごろ新車が導入されるのかは明記されておらず、進捗状況も不明でした。

そして、2020年7月30日にリリースされた、「東武グループ中期経営計画 2017~2020」の終了についてで、フラッグシップ特急計画の記載がしれっと削除されました。

この時点で新型フラッグシップ特急の登場は無かったことにされた感じがしますが、今回のリリースで新型スペーシアの導入が発表されています。

中長期計画からは削除されていましたが、水面下で計画はヒッソリと動いていたようです。


関連リンク

2023年に特急スペーシアの新型車両を導入します|東武鉄道

「東武グループ中期経営計画」の推進|東武鉄道

東武グループ中期経営計画2017~2020|東武鉄道

「東武グループ中期経営計画2017~2020」の終了補足説明資料|東武鉄道

日立が東武鉄道の新型特急車両「N100系」を受注|日立

【東武鉄道】特急スペーシア新型車両「N100系」2023年導入を発表|阪和線の沿線から(個人サイト様)

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
23日(祝)
24日(水)
25日(木)
26日(金)
27日(土)
28日(日)
29日(月)
30日(火)
1日(水)
2日(木)
3日(金)