【スポンサーリンク】

正雀ウォッチ(2022年4月2日)

2022年4月2日分の正雀ウォッチです。




留置状況(2022年4月2日 午前)

洗車から出て来た1307F。すぐ戻りました。

38番線は先週に引き続き8302F。今日は隣の37番線に5304Fがいます。

5304Fの京都側5405は前面の表示幕が外されています。

運用からはずれている中で、先週いなかったのは9301F。

9301Fは試運転も実施しているので、運用復帰が近いと考えられます。

7004Fは相変わらずそのまま。

7004Fは一時的にパンタ車の7604が7004の後ろにくっついているみたいです。

ちなみに、正雀工場側では、1009Fの1159と1659が姿を見せてました。

写真は1159だけですが、左側に1659がいます。


2022年3月27日午前との状況比較

気になったところをメモ程度で。

  • 8302F→そのまま
  • 8311F→7325Fの桂返却に伴い復帰
  • 5304F→5405の表示幕取り外し
  • 9301F→そろそろ復帰?
  • 1009F→検査中?



関連記事

1週間前の正雀ウォッチ。

正雀ウォッチ(2022年3月27日)
阪急の正雀車庫を見てきたという記録です。

こちらは1週間後の正雀ウォッチ。

正雀ウォッチ(2022年4月9日)
阪急の正雀駅のウォッチです(2022年4月9日分)。 しばらく留置線の最奥に姿を見せていた8302Fは工場内に移動した模様。5304Fの5405は表示幕工事中でした。7004Fは相変わらずの救援幕ですが、大阪梅田側に寄っていた続きを読む

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
20日(土)
21日(日)