【超概説】東武60000系

東武60000系は2013年に導入された東武鉄道の通勤形車両。東武鉄道で野田線が成立してから初めての新形式車両でもある。




東武60000系超概説

東武60000系は、東武50000系をベースに製造された、野田線(東武アーバンパークライン)専用車両です。車両ブランドは50000系に引き続いてA-trainを採用しています。

VVVFインバータやLEDの採用で、これまで野田線の主力であった8000系に比べて、40%の電気使用量の削減と騒音低減により、環境配慮での大幅なレベルアップが見られました。

また、4か国語対応の車内案内LCDや、6両編成中4両に車椅子スペースを設置してバリアフリー化も実施、更に、東武鉄道では初となる公衆無線LANサービスを提供しており、60000系は野田線内においてユーザビリティが飛躍的に向上した形式です。

諸元

製造年2013年~
製造数18編成108両(1編成6両)
編成定員850名
MT比3M3T
車体アルミニウム合金
台車モノリンク式ボルスタレス台車
最高速度100km/h(営業運転)、120km/h(設計)
加速度2.23km/h/s
減速度3.5km/h/s(常用)、4.5km/h/s(非常)
制御方式IGBT-VVVFインバータ制御
全長20,130mm(先頭)、20,000mm(中間)
全幅2,876 mm
全高4,050 mm(パンタ無し)、4,080mm(パンタ有り)

過密ダイヤが組まれている都心部ではなく、大宮~柏~船橋を結んでいる野田線専用ということもあり、起動加速度は50000系や70000系の 3.3km/h/s よりも抑えられた 2.23km/h/s となっています。


運用

もっぱら、野田線の運用に就いています。

野田線以外での実績では、2019年4月に臨時列車・春の花めぐり号として、野田線の柏駅から佐野線の佐野駅まで直通した実績があります。

デザイン

外観は車内外ともに野田線沿線との調和を考慮したデザインとなっています。

50000系同様、無塗装のアルミ車両で、前面下方と側面上部には野田線のイメージカラーであるブルーが、車両側面の乗降扉の両脇は、ブライトグリーンの帯(ほぼ窓と同じ高さ)を施しています。

東武60000系前面下方のカラーリング

東武60000系側面のカラーリング

また、車両間の貫通扉には、野田線沿線にある8市の花や木である、「さくら」「藤」「ひまわり」「つつじ」「ききょう」をモチーフとしたシールが貼り付けられています1

詳しい車内風景については、Style-Train Graphics-様(個人サイト様)にてお楽しみください。

東武60000系 車内デザイン
東武アーバンパークラインに初めての新造車両として2013年から導入されている東武60000系電車の車内デザインをご紹介します。車内座席、袖仕切り、スタンションポール優先席貫通路車いすスペース乗務員室背面客用ドアLCD車内案内装置吊革荷棚..

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
16日(土)
17日(日)
18日(月)
19日(火)
20日(水)
21日(木)
22日(金)
23日(土)
24日(日)
25日(月)
26日(火)

関連リンク

野田線(大宮~船橋間)に新型車両「60000系」を導入します!|東武鉄道(インターネットアーカイブ)

車両紹介|60000系|東武鉄道

東武鉄道新型車両60000系の概要|SUBWAY 日本地下鉄協会報 第198号

東武鉄道、柏、東武動物公園~佐野間で臨時列車「春の花めぐり号」運転 | RailLab ニュース(レイルラボ)

関連記事

【超概説】東武50000系
東武50000系は2004年に登場した東武鉄道の通勤形車両。東武のカボチャ電車と呼ばれる特徴的なカラーリングとしてイメージを一新しただけでなく、直通先で運用可能な基本設計もさることながら、座席指定サービス対応可能なバリエーションが存...
超概説について
当サイトにおける、【超概説】の記事についての説明です。 超概説と言うのは、超カンタンに説明した内容の記事という意味になります。 決して、超詳しいとか、超マニアックな内容ではありません。 ご留意の上、お楽しみ頂ければと思いま...