【スポンサーリンク】

【阪急】9300系で採用された、屋根の白いカバーの意味は?

阪急9300系の屋根を見てみると、白いカバーの様なものに覆われているのが分かります。この白いカバーの様なもの、京都線の9300系、神戸線・宝塚線の9000系の2形式のみで採用されており、その他の形式では見られません。

ところで、この白いカバーの様なもの、一体何の意味があるのでしょうか?



阪急9300系・9000系の白いカバー

阪急9300系では車両の屋根に白いカバーの様なものが設けられています。実際に9300系の写真を見てみましょう。

写真を見て分かる通り、屋根全体を白いカバーで覆われている様に見えます。写真の赤い部分は屋根カバーで青色の部分が屋根飾りと言われているものです。

媒体によっては「屋根飾り」が「飾り屋根」と表記されている場合もありますが、本記事では「屋根飾り」で統一します。

屋根カバーは、アンテナを覆うように設けられており、屋根飾りは冷房装置がほぼ見えないように設置されています。

2006年に登場した神宝線仕様の9000系でも、9300系と同様に屋根カバーと屋根飾りが設けられました。

この屋根カバーと屋根飾り、9300系と9000系以外では見られないので、少し特別な感じがします。



屋根カバーと屋根飾りの意味は?

ところで、9300系と9000系で採用された屋根カバーと屋根飾りは何の意味があるのでしょうか?

その理由については、阪急公式のホームページには掲載されていませ…いや、過去に屋根についての記述が掲載されていました。

9300系がデビューして間もない頃の9300系特設ページに、

【外観】
阪急の伝統的なイメージを継承しながら、側窓の連続大型化、屋根上の飾り板などにより、美しさを持った新世代のデザインとなっています。

9300系特集|阪急電鉄(2003年11月2日時点のインターネットアーカイブ)

と記載されています。

屋根カバーと屋根飾りの設置目的については明記されていませんが、屋根飾りが採用された要素の一つとして、デザイン目的ということが考えられます。

とは言え、運行における必要性やメンテナンス上の効果など、実用面については特に言及されていません。

尚、各趣味誌で阪急9300系の解説を見てみると、書きっぷりは多少異なりますが、屋根カバーと屋根飾りについて、

「冷房装置と屋根上の配線が外から見えないようになっている」

と記されています。

ただ、「外から見えないようになっている」という状態であって、目的の説明ではありません。例えば、何かしらの理由で「外から見えないようにしている」という目的の記述であれば納得できます。

(勝手に)もう少し踏み込んで考えてみると、6300系の屋根にアイボリーを採用とほぼ同じ理由で、特急形車両であるというアピールとして、屋根カバーと屋根飾りを採用したのかもしれません(考えすぎかもしれませんが)。



1000系・1300系では採用されず…

さて、9300系と9000系で屋根カバーと屋根飾りが採用されていますが、9300系・9000系の次に登場した1000系・1300系では、屋根カバーと屋根飾りが採用されませんでした。

阪急の公式では明言されていませんが、1000系・1300系で屋根カバーと屋根飾りが採用されなかった理由としては、

  • 無くても問題無い
  • コストがかかる

ということが考えられます。

屋根カバーはともかく、屋根飾りは「飾り」なので、あっても無くても特に問題無いと考えたのでしょう。

また、9300系・9000系より前に登場した車両には、順次リニューアル工事が実施されていますが、その際に屋根カバーと屋根飾りを設置していないことからも、特に必要が無いものと考えられます。

何か譲れないこだわりがあって、「コストをかけてでも、屋根カバーと屋根飾りを設置しないといけない」…というわけでも無さそうです。



編集後記

屋根カバーと屋根飾り、かっこいいからすき😽

関連リンク

9300系特集|阪急電鉄(2003年11月2日時点のインターネットアーカイブ)

参考文献

『阪急電車』山口益生著 JTBパブリッシング

『鉄道ピクトリアル No.837 2010年8月号臨時増刊 【特集】阪急電鉄』 株式会社電気車研究会

『鉄道ファン 2004年1月号』 交友社

関連記事

【超概説】阪急9300系<京都線用の次世代特急形車両>
阪急9300系は、阪急京都線用の特急形車両。6300系の後継車両として設計・製造され、阪急京都線の特急を中心とした運用に就いている。 外観は8000系・8300系と遜色ない風貌で、東洋電機製造のIGBT-VVVFインバータが奏続きを読む
【超概説】阪急9000系<洗練された神宝線用車両>
阪急9000系は、阪急神戸線・宝塚線の通勤形車両。先に導入されていた京都線用・9300系と同仕様だが、寸法は神宝線規格、電気機器は神宝線の伝統で東芝製を採用する等、神宝線独自の要素も盛り込まれている。
何故、阪急は屋根にアイボリーを採用したのか?
阪急と言えば伝統的にマルーン色(茶色・栗色)の車体のイメージですが、6300系からは車両の屋根肩部分にアイボリーが入りました。 1988年以降の新造車両はアイボリーが施されるようになり、以降、5000系および6000系以降の車続きを読む

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
12月4日(日)
12月5日(月)
12月6日(火)
12月7日(水)
12月8日(木)
12月9日(金)
12月10日(土)
12月11日(日)
12月12日(月)なし
12月13日(火)
この記事が気に入ったら
フォローしよう!
ねこだよ!
コラム私鉄謎案件阪急
【スポンサーリンク】
Stella Rail Side をフォローする
Stella Rail Side