記事内に広告が含まれています。
【スポンサーリンク】

【阪急】お正月三が日限定の行灯式発車標(メモ)

阪急に現存している行灯式発車標のうち、宝塚線・清荒神駅の行灯式発車標は、正月の三が日だけ使用されます。三が日を逃すと1年後になってしまうため、せっかくなので見に行ってきました。



清荒神駅の行灯式発車標

大阪梅田方面ホームにある清荒神駅の行灯式発車標ですが、普段は使用されていません。

清荒神駅の近くに清荒神清澄寺という真言三宝宗のお寺があり、多くの参拝客が訪れるため、正月三が日はめっちゃ混みます。

駅員と学生班を総動員…とまでは行きませんが、三が日はとにかく混みます。そもそも清荒神駅、普段はそれほど乗客はおらず、2022年の駅別乗降人員数は、86駅中78位の6,612人。

で、正月の三が日だけは、普段は利用しない多くの人が訪れることもあり、清荒神駅の行灯式発車標が使用されます。

こちらは大阪梅田寄りの行灯式発車標。ちゃんと使用されています。

こっちは宝塚寄りの行灯式発車標。こっちもちゃんと使用されています。

ただし、三が日は土休日ダイヤで運行されるため、日中はほぼこの表示しか電照されません。

ちなみに…

日本サイン株式会社さんが、この行灯式発車標を取り扱っているみたいです。



関連リンク

西国七福神集印めぐり|阪急電鉄

日本サイン株式会社HP

関連記事

【阪急】行灯式発車標の残存(メモ 2023年10月時点)
阪急に現存している行灯式発車標のメモです。千里線の各途中駅(柴島と淡路は除く)、今津線・仁川駅、宝塚線・清荒神駅に行灯式の発車標が残っています。
【阪急】2022年の駅別乗降人員ランキング
阪急が2022年の駅別乗降人員を公開しています。 コロナの影響から回復傾向にありますが、果たして2022年はどうだったのでしょうか?
😼ランダムで記事を見る😽

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付 イベント
4月10日(水)
4月11日(木)
4月12日(金)
4月13日(土)
4月14日(日)
4月15日(月)
4月16日(火)
4月17日(水)
4月18日(木)
4月19日(金)