記事内に広告が含まれています。
【スポンサーリンク】

【東武】浅草駅の階段広告の料金はおいくらなのか?

浅草は東京屈指の観光地として有名で、多くの人が観光に訪れています。東武鉄道伊勢崎線(スカイツリーライン)の終点・浅草駅も、浅草観光の観光客や、日光や鬼怒川温泉に向かうための乗客でにぎわっています。

さて、東武浅草駅の改札に訪れると、インパクトのある階段広告に注目する人が多いと思います。あの階段広告、広告掲載料はいくらなのでしょうか?



東武の階段広告の料金

東武鉄道の広告掲載料金は、東武鉄道のホームページに掲載されています。

東武鉄道の広告については、いくつか種類があり、階段広告の場合は、

  • 掲出期間は1ヶ月
  • 駅等級別の料金制(看板類)
  • 1段ごとに料金が発生
  • 1駅につき5段以上

という条件で掲載が可能です。

看板類の駅等級については、7ランク(S・AA・A・BB・B・C・D)となっており、Sが一番高い料金です。階段広告の場合は、駅等級Sで1段あたり80,000円の料金です。



浅草駅の階段広告の料金

浅草駅の乗降人員は2022年度1日平均で34,577人です。池袋駅(388,238人)や北千住駅(382,081人)と比べると明らかに少ないですが、浅草駅の看板類の駅等級は、7ランク中最高のSです(「TOBU AD MENU 2023」33ページ掲載)。

1駅につき5段以上という制約があるので、駅等級Sである浅草駅に階段広告を1ヶ月掲載するためには、

80,000円(1段)×5段(制約)=400,000円

となります。最低額でも40万円必要ですね(製作費のぞく)。

ちょっと事例を見てみます。これは伊藤園さんが掲出していた時期の浅草駅の階段です。

この「お~いお茶」の階段広告、ものすごくインパクトがありますよね。階段を上がろうとしたら、ドドーンと目に入って来ます。なんと、31段使って階段広告を掲載しています。これくらい派手に使えば、話題になる可能性は高いかもしれません。

そして、勝手に広告掲載料を計算してみます。「お~いお茶」の階段広告は31段使っているので、1ヶ月あたりの広告掲載料は、

80,000円(1段)×31段=2,480,000円

となります。伊藤園さん、1ヶ月約250万円を浅草駅の階段広告に払っていたことになります。

ねこは生茶をひいきしてるけど、この階段広告を見た時に、お~いお茶が飲みたくなって、近くのコンビニで綾鷹を買ったよ😺🍵



編集後記

東武に乗らなくても、松屋浅草を待ち合わせ場所に利用する人も多いから、浅草の階段広告は見た人が多いんじゃないかな?😺

インパクトあるし、SNSにもアップされてるの時々見かけるから、1ヶ月250万円くらいの広告料金でも潜在的なコスパが良いのかもね😺

関連リンク

東武交通広告のご案内|東武鉄道

TOBU AD MENU 2023|東武鉄道(PDF)

駅情報(乗降人員)|東武鉄道

😼ランダムで記事を見る😽

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付 イベント
2月26日(月)
2月27日(火)
2月28日(水)
2月29日(木)
3月1日(金)
3月2日(土)
3月3日(日)
3月4日(月)
3月5日(火)
3月6日(水)
3月7日(木)