【スポンサーリンク】

【正雀ウォッチ】秋の阪急レールウェイフェスティバル 2022 in 正雀工場(番外編)

2022年10月23日分の正雀ウォッチ…ではなく番外編です。

『秋の阪急レールウェイフェスティバル 2022 in 正雀工場』に参加してきたので、今回は「正雀車庫の中ウォッチ」です。

…といいつつ、留置線の状況も撮影してきましたので、いつもの正雀ウォッチの拡大版みたいな感じです。



留置状況(2022年10月23日)

正雀車庫敷地内からの撮影です。

ホームや敷地外からはほぼ見えない5002Fがいらっしゃいました。

大掛かりな工事をしている6014F。

いつもは6114側から見てますが、工事中の様子を6014側から見るのは初めてです。



工場内の状況

工場内では5321Fがお化粧中です。

2022年12月17日のダイヤ改正から使用される準特急。その準特急幕が表示されていました。フェスティバル中のサービスでしょうか。

5321F内の5318はこちらに。

7010Fもいらっしゃいました。

床下がピカピカなので、もうすぐ出場でしょうか。



カットボディ

正雀工場内には、往年の名車たちのカットボディが展示されています。

混雑により、全ては撮影出来ませんでした。

800系のカットボディ。

5200系のカットボディ。

能勢電鉄1形カットボディ。

300系カットボディ。

100系カットボディ。

920系カットボディ。

920系は今のマルーンよりも少し赤みがかってますね。



宙に浮く阪急

35トンクレーンの実演もありました。

写真では伝わりにくいですが、クレーンでゆっくりと車体を持ち上げ、頂点まで達したら、横移動で別の場所に車体を移動させます。



洗車体験

フェスティバルでは洗車体験もありました。

動画をアップロードしましたので、そちらをご覧頂ければと思います。

尚、洗車体験はミッフィー号が担当でした。

編集後記

楽しかったなぁ😺

関連記事

レールウェイフェスティバル前日の正雀ウォッチ。

正雀ウォッチ(2022年10月22日)
阪急の正雀駅のウォッチです(2022年10月22日分)。 以前から6014Fで大掛かりな工事が実施されていますが、片側に2つある側面表示幕が完全に埋まってしまったみたいです。いったいどうなってしまうのでしょうか…?

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
11月27日(日)
11月28日(月)
11月29日(火)
11月30日(水)
12月1日(木)
12月2日(金)
12月3日(土)
12月4日(日)
12月5日(月)
この記事が気に入ったら
フォローしよう!
ねこだよ!
正雀ウォッチ私鉄記録阪急
【スポンサーリンク】
Stella Rail Side をフォローする
Stella Rail Side