【スポンサーリンク】

【JR西日本】新型「やくも」のデザインが発表されています

JR西日本は、2022年10月20日のリリースで、新型「やくも」のデザインを公表しました。

特急「やくも」が運行される山陰・山陽エリアの魅力を存分に引き出したカラーリングと思えるデザインになっています。



デザイン

デザイン監修は株式会社イチバンセンのデザイナー・川西康之氏です。

デザインコンセプトは車外と車内の2本立てとなっており、それぞれ

沿線の風景に響き自然に映える車体、山陰の我が家のようにくつろげる温もりのある車内」

特急「やくも」に投入する新型車両のデザインの決定について|JR西日本より引用

とのことです。

エクステリアデザイン(車両外観)

ブロンズカラーの新型やくも。

JR西日本プレスリリースより

鬱金色(うこん)・黄金色(こがね)・銅色(あかがね)・赤銅色(しゃくどう)を掛け合わせ、やくもブロンズが、新型やくものコンセプトカラーになります。

JR西日本プレスリリースより

ロゴ・シンボルマークは、やくもブロンズと、やくもの文字を可視化した様なデザインになっています。

JR西日本プレスリリースより

インテリアデザイン(車内)

座席は「普通車」「グリーン車」「グループ向け座席」の3種類が発表されています。

JR西日本プレスリリースより

JR西日本プレスリリースより

「山陰の我が家のようにくつろげる温もりのある車内」というコンセプトで、普通席は緑色の「麻の葉柄」・グリーン席は黄色ベースにした「積石亀甲」となっています。

JR西日本プレスリリースより

グループ向け座席は、普通車と同じカラーリングです。

JR西日本プレスリリースより

JR西日本プレスリリースより

完全個室ではないですが、プライベート空間を意識したものですね😺
プレス画像を見るとグリーン席の隣(グリーン席と同じ車両)にあることが分かります😺



ユーザーライク観点の設備

快適性

JR西日本・鉄道総合技術研究所・川崎車両の共同開発で、国内初となる「車上型の制御付自然振り子方式」を採用する予定です。

「車上型の制御付自然振り子方式」は、車上の曲線データと走行地点のデータを連続して照合し、適切なタイミングで車体を傾斜させる仕組みです。

そして、座席間隔の拡大座り心地を改善した座席の採用も掲げており、山地が多い中国地方での長距離移動による疲労感を軽減する配慮も忘れていません。

バリアフリー・利便性

また、「バリアフリー・利便性」の項目では、以下を実施することが記載されています。

  • 車椅子スペースの拡大、多目的室の設置
  • 車内Wi-Fi
  • 全席コンセント
  • 大型荷物スペース設置

車内Wi-Fi全席コンセントは、近年新造されている特急形車両では、ほぼ標準設備となっています。もちろん、お金はかかりますが、JR西日本がユーザーライクを意識したことが分かります。



関連リンク

特急「やくも」への新型車両の投入について|JR西日本

2022 年2月社長会見|JR西日本

特急「やくも」に投入する新型車両のデザインの決定について|JR西日本

西日本旅客鉄道株式会社殿向け「やくも」を受注いたしました。|近畿車輛

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
11月27日(日)
11月28日(月)
11月29日(火)
11月30日(水)
12月1日(木)
12月2日(金)
12月3日(土)
12月4日(日)
12月5日(月)
この記事が気に入ったら
フォローしよう!
ねこだよ!
JRJR西日本ニュース
【スポンサーリンク】
Stella Rail Side をフォローする
Stella Rail Side