【スポンサーリンク】

【阪急】伊丹駅の固定柵用センサーが5月27日から稼働予定

阪急伊丹線の伊丹駅で進められている、固定ホーム柵の設置工事。先日から1号線の固定ホーム柵が設置されていますが、5月27日から1号線のセンサが稼働開始するみたいです。



固定柵用のセンサが5月27日から稼働

伊丹駅の掲示で、固定柵用のセンサが5月27日から稼働することが判明しています。

固定柵から外側に出ると、センサが反応して音声で危険を知らせてくれるみたいです。

掲示のイラストを見る限り、固定柵の外側に設置されているセンサが検知するみたいですね。写真の緑のテープが貼られている箇所がセンサ部分と考えられます。

反対側からの様子。

反対側は何も無いので、片方向のみセンサが設置されているのがわかります。



カメラ設置も進んでいる模様

固定柵のセンサとどう連動しているのか分かりませんが、ホームの天井から吊るされているカメラの数も増えてます。

正面から見るとこんな感じ。カメラはボックスの下部のみです。

カメラ部分をズーム。

信号機や自動改札、踏切の障害検知装置などで有名な、NIPPON SIGNAL(日本信号)のロゴが入ってます。



関連記事

【阪急】伊丹駅1号線ホームに固定ホーム柵が設置開始
阪急伊丹線の伊丹駅で、固定ホーム柵の設置が開始されています。 1号線ホームのみ設置工事が徐々に進められており、固定ホーム柵とセンサー機器等の設置が行われています。

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
5月27日(土)
5月28日(日)
5月29日(月)
5月30日(火)
6月1日(木)
6月3日(土)
6月4日(日)
6月5日(月)
6月6日(火)
この記事が気に入ったら
フォローしよう!
ねこだよ!
ニュース私鉄記録阪急
【スポンサーリンク】
Stella Rail Side をフォローする
Stella Rail Side