【スポンサーリンク】

正雀ウォッチ(2022年7月2日)

阪急の正雀駅のウォッチです(2022年7月2日分)。1315Fは引き続き留置線に、宝塚線の5104Fは工場から出てきました。



留置状況(2022年7月2日 午前)

奥から、7323F+7321F・6000F・9304F(正面から見えない)・1315F・8002F・5313F・7326F+8304F。

こっちは1305F・8332F+8313F・3305F・8301F。

こちらには5311F・7325F+8311F・8303F・1306F。

裏にまわります。正面から見えなかった3329F。

こちらも正面から見えなかった3328F。

裏から見た8002Fと1315F。

9304Fは特に変化が無いですね。

先日入って来た6000F。何か作業されていました。

こちらは7323F+7321F。先週は乗務員室の扉に板が掛けられていましたが、元に戻ってますね。

床下が綺麗になって出て来た5104F。

そろそろ宝塚線に戻るのでしょうか。



2022年6月25日午前との状況比較

メモ程度で。

  • 7004F→状況変わらず(正雀工場内?)
  • 9304F→状況変わらず
  • 8002F→状況変わらず
  • 8300F→状況変わらず(正雀工場内)
  • 8006F→試運転後(6月27日)、宝塚線返却回送(7月1日)
  • 5104F→工場から出て来た
  • 1315F→状況変わらず
  • 6000F→正雀入場(6月30日)
  • 能勢電鉄5148F→正雀入場(7月1日)



関連記事

1週間前の正雀ウォッチ。

【正雀ウォッチ】1300系1315Fが正雀に入る(2022年6月25日)
阪急の正雀駅のウォッチです(2022年6月25日分)。今週は1300系1315Fが搬入されたり、準特急幕が確認されたりと、色々と話題性のある1週間でした。

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
20日(土)
21日(日)