【スポンサーリンク】

正雀ウォッチ(2022年10月15日)

阪急の正雀駅のウォッチです(2022年10月15日分)。

2022年12月27日のダイヤ改正にて、いよいよ準特急が阪急で登場します。

一方、6300系京とれいんがダイヤ改正をもって運転取りやめみたいです。そして、10両編成運用の大幅減…2024年には有料座席指定サービスも控えており、2023年の阪急は大きく動く1年になりそうですね。



留置状況(2022年10月15日 午前)

洗車後に出て来た8303F。すぐに留置線に戻りました。

奥から、5317F・1014F(チラ見)・5002F(見えない)・7306F・8315F・1312F。

こちらは、5300F・5301F・5304F。

こっちは、8313F・1302F・7325F+8311F・1303F。

日陰には5323Fがいらっしゃいました。

裏に回ります。8332Fと1114F。8332Fの向こう側に5002Fがいらっします。

5317Fと6014F。6014Fは貫通扉を刷新するのでしょうか?

9303Fは大阪梅田方4両が出て来ていました。

京都河原町方4両もそろそろ出て来るのでしょうか?



2022年10月8日午前との状況比較

メモ程度で。

  • 8300F→状況変わらず(正雀工場内)
  • 8332F+8313F→状況変わらず(編成切り離し中)
  • 6014F→状況変わらず(留置線)
  • 6026F→営業運転に復帰してた
  • 5002F→状況変わらず(留置線)
  • 7010F→状況変わらず(正雀工場内?)
  • 1019F→西宮返却済(10月12日)、運用復帰済(10月13日)
  • 1014F→入場(10月12日)
  • 6011F→入場(10月14日)
  • 9303F→大阪梅田方4両が留置線に出て来た



関連記事

1週間前の正雀ウォッチ。

正雀ウォッチ(2022年10月8日)
阪急の正雀駅のウォッチです(2022年10月8日分)。 どうやら、6014Fが大掛かりな工事をしているみたいですが、一体どうなるのでしょうか…?

1週間後の正雀ウォッチ

正雀ウォッチ(2022年10月22日)
阪急の正雀駅のウォッチです(2022年10月22日分)。 以前から6014Fで大掛かりな工事が実施されていますが、片側に2つある側面表示幕が完全に埋まってしまったみたいです。いったいどうなってしまうのでしょうか…?

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
11月27日(日)
11月28日(月)
11月29日(火)
11月30日(水)
12月1日(木)
12月2日(金)
12月3日(土)
12月4日(日)
12月5日(月)
この記事が気に入ったら
フォローしよう!
ねこだよ!
正雀ウォッチ私鉄記録阪急
【スポンサーリンク】
Stella Rail Side をフォローする
Stella Rail Side