【スポンサーリンク】

正雀ウォッチ(2022年9月10日)

阪急の正雀駅のウォッチです(2022年9月10日分)。

長期間、正雀にいらっしゃった9304Fが営業運転に復帰しています。8332Fと8313Fは相変わらず切り離されて日向ぼっこ中ですが、ここ1ヶ月くらいの正雀の入出庫状況を見てみると、留置スペースの都合上の切り離し留置と考えられます(状況証拠なので断言はできないですが)。



留置状況(2022年9月10日 午前)

奥から、5311F(梅田方3両)・6014F・7020F・5006F(見えない)・8033F・7017F(見えない)・8330F+8310F・3329F・7323F+7321F。

こちらは7327F+7307F・1312F・8315F・9306F。

洗車中の7306F。

こっちは8313F・1301F・1311F。

日陰には7305F。

裏に回ります。正面から見えなかった、5308F・5319F。

7017Fと引っこ抜かれた3953。

裏から見た8033F。

8313Fと切り離されてる8332F。その後ろには5006F。

7020F・6014F。

梅田方3両だけ出て来た5311F。

懐かしい顔ですね。



2022年9月4日午前との状況比較

メモ程度で。

  • 9304F→営業運転復帰(9月6日)
  • 8300F→状況変わらず(正雀工場内)
  • 8332F+8313F→状況変わらず(編成切り離し中)
  • 6014F→状況変わらず(留置線)
  • 5006F→状況変わらず(留置線)
  • 7020F→状況変わらず(留置線)
  • 7008F→状況変わらず(正雀工場内)
  • 7017F→状況変わらず(留置線)
  • 7015F→留置線には姿が見えず(正雀工場内?)
  • 6026F→試運転済(9月5日)
  • 6025F→入場(9月8日)
  • 8033F→入場(9月9日)



関連記事

1週間前の正雀ウォッチ。

正雀ウォッチ(2022年9月4日)
阪急の正雀駅のウォッチです(2022年9月4日分)。 先週から7000系がぞろぞろと入って来ています。9304Fは長期間、運用から離脱していましたが、試運転が済んだみたいなので、そろそろ運用復帰と考えられます。

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
1日(土)
2日(日)