記事内に広告が含まれています。
【スポンサーリンク】

【京阪】富裕層向けの特別列車導入を検討中

2023年9月14日の読売新聞オンラインの報道で、京阪ホールディングスの加藤好文会長のインタビューが掲載されています。その中で、中之島線に富裕層向けの特別列車の導入を検討していることが明らかになっています。



中之島線に富裕層向けの特別列車導入を検討

読売新聞が行った、京阪ホールディングスの加藤好文会長のインタビューでは、中之島線延伸後について、次の様に語っています。

 中之島線には、富裕層向けの特別列車の導入などを検討する。(IR開業前に開催する)万博の時には現行のプレミアムカーを走らせ、訪日客の反応を探っていきたい。

―読売新聞オンライン「大阪IR予定地・夢洲へ、京阪の延伸検討加速…訪日客利用に期待もJRは慎重」より引用

IR開業に伴う中之島線の延伸については、7月3日に京阪内で延伸可否の検討委員会が立ち上がっています。

また、2025年の大阪・関西万博では、会場への輸送力増強のために、普段は京阪本線を走るプレミアムカーを中之島線でも運行することが日経新聞の取材で明らかになっています。今回の読売新聞の取材で、万博時の中之島線でのプレミアムカー運行について「訪日客の反応を探る」と明らかにしていることから、輸送力増強以外の目的も見えてきたことになります。

尚、3000系に組み込まれているプレミアムカーは、2025年の秋に編成中に1両増備して2両での運行を予定しています。



検討中の観光列車が富裕層向け?

今回の読売新聞の取材では、「富裕層向けの特別列車」とありますが、2023年3月30日に公開された「京阪グループ長期経営戦略・中期経営計画の策定について」では、

沿線エリアへの誘客強化に向けて、観光列車の導入を検討

―京阪ホールディングス「京阪グループ長期経営戦略・中期経営計画の策定について」19ページより引用

と記載されています。

読売新聞の取材で語られている「富裕層向けの特別列車」と、中期経営計画で明らかになった「観光列車」の両方ともが具体的に語られていませんが、「富裕層向けの特別列車=観光列車」という可能性も考えられます。



関連リンク

大阪IR予定地・夢洲へ、京阪の延伸検討加速…訪日客利用に期待もJRは慎重|読売新聞オンライン

京阪グループ長期経営戦略・中期経営計画の策定について|京阪ホールディングス

京阪HD、中之島線に指定席車両 万博時の輸送力増強|日本経済新聞

京阪「プレミアムカー」2両に増加へ 2025年秋から 全席指定の有料車両 通勤ラッシュ時の乗車率100%近く|ABCニュース

関連記事

【京阪】中之島線は九条駅まで延伸?延伸の検討委員会が発足した模様(結論は2023年度内)
2023年7月3日に、京阪ホールディングスの中之島線延伸の可否を検討する委員会の立ち上げが報道されています。 中之島線延伸の検討は大阪メトロ中央線の九条駅。検討の結果、もし延伸が決定すると、京阪の眠れる獅子が遂に目を覚ますことになるかもしれ続きを読む
【京阪】大阪・関西万博で中之島線にプレミアムカーを走らせる模様
少し前のニュース。2022年12月26日の日経新聞の報道で、京阪が中之島線に有料座席指定サービスであるプレミアムカーの運行を予定している模様です。 2025年に開催が予定されている、大阪・関西万博の時に運行する予定とのことです。
【京阪】3000系プレミアムカーを2両に増やす予定(観光列車の導入検討も)
京阪ホールディングスは、2023年3月30日の中期経営計画で、プレミアムカーの増備を発表しています。3000系にプレミアムカーが1両組み込まれていますが、追加で1両を増やす予定とのことです。
😼ランダムで記事を見る😽

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付 イベント
4月10日(水)
4月11日(木)
4月12日(金)
4月13日(土)
4月14日(日)
4月15日(月)
4月16日(火)
4月17日(水)
4月18日(木)
4月19日(金)