記事内に広告が含まれています。
【スポンサーリンク】

【京阪】枚方駅の再開発で、京阪電鉄本社が移転する模様

少し前ですが、2022年12月21日に京阪ホールディングスから発表された、京阪本線・枚方市駅の再開発情報。

枚方市駅の再開発事業は以前から進んでいましたが、駅一体の商業施設・オフィス・ホテル・賃貸タワーレジデンスが、2024年の夏ごろに開業することが発表されています。

加えて、読売新聞では、京阪電鉄の本社が、天満橋駅前のOMMビルから枚方駅の再開発で誕生する複合ビルに移転と報道しています。



京阪電鉄本社は天満橋のOMMビルから枚方に移転

大阪マーチャンダイズ・マートビル(Osaka Merchandise Mart)、通称・OMMビル。

ここには京阪電鉄本社の他、京阪グループ各社が入居しています。

京阪グループの総本山と言って差し支えないOMMビルですが、枚方市駅付近の再開発のタイミングで、京阪電鉄本社が移転するみたいです。

京阪ホールディングス(HD)は21日、傘下の京阪電気鉄道の本社について、2024年に現在の大阪市中央区から大阪府枚方市に移転することを明らかにした。京阪HDなどが枚方市駅前で開発を進めている複合ビルに入る。京阪HDの本社は、現在の京阪電鉄の本社が入る天満橋駅前のOMMビルに残る。

読売新聞オンライン「京阪電鉄本社、枚方に移転…2024年完成の複合ビルへ」より引用

京阪HDの本社はOMMビルに残るみたいですね。

京阪本社が天満橋にやって来たのは1918年。その後、移転はしていますが、OMMビルに入ったのは2000年のことです。本店は枚方市駅の近くにありますが、電鉄本社が枚方に移転後は、名実共に枚方が京阪電鉄の本丸になります。



OMMビル諸元

敷地面積 20,412.920㎡
延床面積 131,415.668㎡
建築面積 10,515.348㎡
構造 高層部:鉄筋コンクリート造
低層付属棟:鉄骨造
竣工 1969年8月

参考文献

「建築と社会」1969.10|日本建築協会



関連リンク

枚方市駅と一体の商業施設・オフィス・ホテル・賃貸タワーレジデンス2024 年夏頃開業|京阪ホールディングス

京阪電鉄本社、枚方に移転…2024年完成の複合ビルへ|読売新聞オンライン

枚方市駅と一体の商業施設・オフィス・ホテル・賃貸タワーレジデンス 2024 年夏頃開業|京阪ホールディングス

枚方市駅周辺地区市街地再開発組合

😼ランダムで記事を見る😽

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付 イベント
4月16日(火)
4月17日(水)
4月19日(金)
4月20日(土)
4月21日(日)
4月22日(月)
4月24日(水)
4月25日(木)