記事内に広告が含まれています。
【スポンサーリンク】

【京阪】枚方市駅でホームドア設置工事が開始

京阪本線の枚方市駅の3・4番線でホームドア設置工事が始まっています。

まだホームドアの姿は見えませんが、ホームドア設置個所の足場の工事が見えています。



京阪のホームドア設置

京阪の「2023年度 移動等円滑化取組計画書」で、枚方市駅のホームドア新設が盛り込まれています。

枚方市駅のホームドア設置は、鉄道駅バリアフリー料金制度を活用した取り組みで、2023年度は枚方市駅の3・4番線が対象となっています。

尚、京阪全体では、2026年度までに4駅8番線の設置を計画しています。



枚方市駅のホームドア設置工事状況(2023年9月)

3番線ホーム

3番線の出町柳寄り先頭。ホーム全体の嵩上げは行われていませんので、車両によっては段差があることがわかります。

3番線ホーム中央あたりから出町柳方面。

3番線ホーム中央あたりから京橋方面。

ほぼ全ての設置予定の位置に手が入っているみたいです。

尚、京橋寄り先頭には資材置き場があります。

占有スペースはコンパクトですね。



4番線ホーム

4番線ホーム京橋寄りから中央を撮影。

4番線ホーム出町柳寄りから中央を撮影。

4番線プレミアムカー乗車位置付近。

4番線も、ほぼ全ての設置予定の位置に手が入っているみたいです。



設置位置の工夫

ホームドア設置駅ならどこでも見られると思いますが、通路が狭くなっている場所や階段・エスカレーター付近で人の往来が多い場所では、ホーム外寄りにホームドアの足場があります。

結構ギリギリですね。

一方、ここは待合室付近。

比較的通路が狭いですが、人の往来がそれほど無いからか、階段・エスカレーター付近のホームドア設置位置よりも内側に設置するみたいです。



編集後記

1・2番線と、交野線ホームの5・6番線ホームのホームドア設置は来年以降かしら?😺

関連リンク

2023年度 移動等円滑化取組計画書|京阪電鉄

鉄道駅バリアフリー料金制度を活用し、バリアフリー設備の整備を加速します|京阪電鉄

2021・2022年度の整備等進捗状況|京阪電鉄

関連記事

【京阪】2023年度の移動等円滑化取組計画書が公開(13000系新造、7000系リニューアル、枚方市駅ホームドア設置等)
京阪が2023年度の移動等円滑化取組計画書を公開しています(2023年6月12日付)。 2024年度まで13000系の新造と、7000系1編成のリニューアル工事が予定されている他、枚方市駅のホームドア設置が盛り込まれています。
【京阪】京阪本社移転先(予定)のビル、外観がほぼ出来てる(枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業)
京阪の枚方市駅で行われている、「枚方市駅周辺地区第一種市街地再開発事業」。 京阪電鉄本社が移転を予定している複合型高層ビルが絶賛建設中で、もう外観はほとんど完成間近となりました。
😼ランダムで記事を見る😽

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付 イベント
4月16日(火)
4月17日(水)
4月19日(金)
4月20日(土)
4月21日(日)
4月22日(月)
4月24日(水)
4月25日(木)