記事内に広告が含まれています。
【スポンサーリンク】

元は阪急系列だったブックファーストの現在

阪急を利用している方なら一度は目にしたことがあるであろう「ブックファースト」。青い看板の本屋さんです。

「阪急」という冠名を持ってないにもかかわらず、アズナス(もう屋号すら無い)と双璧を成すくらい、有名な阪急ブランドの一角と言っても過言ではありません…でした。



ブックファーストの現在

1996年3月24日、阪急の「駅の書店」としてスタートしたブックファースト。

ブックファーストと言えば、脊椎反射で「阪急の本屋さん」と言いそうになりますが、現在は、株式会社トーハンのグループ傘下です。2013年4月にトーハングループとしてリスタートしています。

ブックファーストはトーハングループに入る以前から、トーハンが展開しているサービスを利用しており、資本・業務提携へと至っています。

ブックファーストの1号店である川西店こそ、2020年2月11日に閉店してしまっていますが、今でも阪急の駅構内や駅近くに店舗を構えて営業しています。

西宮北口駅の改札内にあるブックファースト

依然として「阪急の本屋さん」というポジションにあることは変わりありません。



トーハン

「トーハン」というと、あまり馴染みの無さそうな会社名なので、「トーハンって何ですか?」と思う方がいらっしゃると思います。

詳しくはググって下さい…というのは無慈悲なので少しだけ説明すると、商社です。しかも、出版物専門の商社です。

日本出版販売(日販)と合わせて、二大出版取次会社と言われています。

トーハングループは、書店運営の他、出版物(書籍、雑誌、教育用品など)を卸販売・梱包・配送(トーハンロジテックス)や、手帳やアルバム等の文具の販売(デルフォニックス)を展開しています。



再編の時系列

ブックファーストの事業沿革
  • 1996年3月24日
    1号店オープン(阪急直営)
  • 2008年4月1日
    阪急リテールズに移管
  • 2012年4月1日
    株式会社ブックファースト設立
    阪急電鉄100%出資で設立され書店部門が分社独立
  • 2012年12月21日
    トーハンがブックファーストの全株式を取得することに関する合意書に調印
    阪急系列からの離脱が決定
  • 2013年4月
    トーハングループとしてスタート
  • 2017年4月
    株式会社あおい書店の6店舗を継承
  • 2021年7月
    株式会社アバンティブックセンター運営33店舗を事業承継

関連リンク

株式会社エキ・リテール・サービス阪急阪神 企業情報 沿革(旧阪急リテールズ)

株式会社ブックファースト【沿革】

株式会社ブックファーストとの資本・業務提携のお知らせ|トーハン(インターネットアーカイブ)

株式会社あおい書店再編についてのお知らせ|トーハン

㈱アバンティブックセンターとの事業承継に関するお知らせ|株式会社ブックファースト

関連記事

阪急は結婚相談所を運営していたことがある?
阪急は鉄道会社経営だけではなく、色々な分野で事業展開した歴史があります。阪急百貨店や宝塚歌劇、宝塚ファミリーランド、阪急ブレーブスなど…有名なものがたくさんあります。 色んな分野に事業展開した阪急ですが、実は、結婚相談所を運営していたことが続きを読む
阪急は専門学校を運営していたことがある?
色々な事業を展開し、私鉄の経営モデルとなった阪急。その事業展開は多岐に渡るものです。そして、多岐に渡る事業展開の一つで、専門学校の運営も行っていました。
😼ランダムで記事を見る😽

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付 イベント
4月10日(水)
4月11日(木)
4月12日(金)
4月13日(土)
4月14日(日)
4月15日(月)
4月16日(火)
4月17日(水)
4月18日(木)
4月19日(金)