記事内に広告が含まれています。
【スポンサーリンク】

正雀ウォッチ(2024年3月10日)

阪急京都線・正雀駅のウォッチです(2024年3月10日分)。

さて、7302Fが3月3日にするっと入って来たようです。6352Fはそろそろ戻りそうな感じなので、7321Fも8連に戻りそうですね。



留置状況(2024年3月10日 午前)

奥から、1014F・9303F・新2300系2300F・8331F+8312F。

こちらは、8333F+8314F・5321F・1300F・5313F・8301F。

こっちは、5300F・7323F・7327F。

日陰には5317Fがいらっしゃいました。

裏に回ります。7004Fの元中間車両、C#7554・C#7584。定位置。

7323F。そろそも相方が戻って来そうです。

最近ザワザワしている7300FのC#7300…の相方であるC#7450だけ。

正面から見えなかった6352Fと新2300系2300F。3328Fもいらっしゃいましたね。

ザワザワしているパート2のC#7851。それと7002F。

C#7851の向こう側は9308Fがずっと居座っています。

劇的な変化ではありませんが、車端部の側窓の目隠しに変化がありました。カーテンやめて、鎧戸上げてチラシになっています。

ところで、7002Fのパンタ車だけ工場に入っていたのですが、そのパンタ車が戻ってきています。

9303Fと1014F。C#9403の運転台側窓は変化が無いようです。

工場裏。先週に引き続き、どこかの中間車です。

7003FのC#7503は外に出て来ています。

それと、クーラーキセが3つ並んでいます。

廃材は場所だけ移動しましたね。

ゲストの様子は…

そろそろ出てきますかね。



2024年3月2日午前との状況比較

  • 7030F、7090F(9月11日入場分、2連+4連):工場内
  • 8003F(12月14日入場分):工場内
  • 8200F(2月9日入場分):西宮返却済(3月5日)
  • 6352F(2月13日入場分):試運転済
  • 7002F(2月14日入場分):パンタ車が留置線に戻って来た
  • 1014F(2月19日入場分):留置線
  • 8005F(2月27日)入場分:工場内
  • 7003F:入場(3月7日)



編集後記

先週、冒頭に長々と書いた結果、熱いメッセージを1通だけ頂きました。残念ながら、デーモンでしたので、別の機会に丹精込めてお返事したいと思います。

関連記事

1週間前の正雀ウォッチ。

正雀ウォッチ(2024年3月2日)
阪急京都線・正雀駅のウォッチです(2024年3月2日分)。 ここに長い文字を打ち込みたくはないのですが、どうやら、平日に同名のWEBページが出現したみたいです。それで、非常に不思議なのですが、「いつものに戻して」という内容のおたよりをTwi続きを読む

望遠の撮影レンズは「Canon RF100-400mm F5.6-8 IS USM」を使用しています。

😼ランダムで記事を見る😽

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付 イベント
4月10日(水)
4月11日(木)
4月12日(金)
4月13日(土)
4月14日(日)
4月15日(月)
4月16日(火)
4月17日(水)
4月18日(木)
4月19日(金)