記事内に広告が含まれています。
【スポンサーリンク】

【阪急】本当に週刊誌の車内広告はお断りなのか?

「阪急の車内広告にはアレがない!」みたいなトリビア的な何かを何度も見かけると思います。

アレというのは後述しますが、そもそも、アレが車内広告として出せるのかどうか基準について説明している媒体はあまり多くありません。

というわけで、阪急の車内広告でアレが出せないことについて簡単に説明します。



阪急の車内広告にはアレが無い…というか出せない

「阪急の車内広告にはアレがない!」

もったいぶってると、「アレってなんやねん、はよ言えワレ!」となるので端的に言うと、記事タイトルでも書いてますが、アレというのは「週刊誌の広告」です。

確かに、阪急の車内広告を見ても、週刊誌の広告は見当たりません。

沿線や宝塚歌劇の情報、コラボキャンペーン中の広告が多いです。



広告掲出の基準

阪急に掲出される各種広告については、阪急阪神ソリューションズが取り扱っています。

広告掲出についての説明は、阪急阪神ソリューションズが公開している「交通広告メディアガイド」で閲覧可能です。

取り扱いしない基準が8つありますが、そのうちの一つに、

■広告掲出基準
(1)次の各号のいずれかに該当する広告はお取り扱いいたしません。
~中略~
 ⑦出版関係広告の一部

「交通広告メディアガイド」162ページ|阪急阪神ソリューションズより引用

とあります。なので、週刊誌や月刊誌などは、広告を掲出できません

センシティブな内容の広告を掲出する可能性がある、出版社の広告出稿については事前のお断りということです。

基準(ルール)を設定することで、リスクを根幹から断ち切っており、門前払いするコストを費やす必要も無くなるため、リスクヘッジとしてはこの上ないものと考えられます。いちいち、出版社の広告掲出の申請があったら面倒ですからね。



関連リンク

交通広告メディアガイド|阪急阪神ソリューションズ

関連記事

阪急嵐山線に存在する謎のスペース…これはいったい?
行楽シーズンになると賑やかになる阪急嵐山線。特に、秋は紅葉を見るために、嵐山線を利用する人が多いと思います。 そんな嵐山線、単線なのですが、線路の隣に何やら謎の空きスペースが存在しています。いったいこれは何なのでしょうか?
【阪急】やりすぎ!?何故、関大前駅は6回も駅名を変更したのか?
阪急千里線の関大前駅。関西屈指の学生街を誇る関大前で有名です。 関西大学の前にある駅なので「関大前」という駅名ですが、この駅名に辿り付くまで、6回も駅名変更が行われました。 いったい、何故なのでしょうか?
😼ランダムで記事を見る😽

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付 イベント
2月14日(水)
2月15日(木)
2月16日(金)
2月17日(土)
2月18日(日)
2月19日(月)
2月20日(火)
2月21日(水)
2月22日(木)
2月23日(祝)
2月24日(土)