リフレッシング京王とは?

リフレッシング京王とは、京王電鉄(当時は京王帝都電鉄)の相模原線全通のタイミングで出したスローガンです。京王電鉄にとどまらず、京王グループの総力をあげて、事業の再編に取り組むことになりました。




リフレッシング京王とは?

リフレッシング京王とは、1990年に相模原線が全通したタイミングで発表された、京王グループの事業再編スローガンです。

当時、昭和天皇の崩御で自粛ムードが漂い、更に、消費税導入で消費が落ち込むなど、国内では不景気の真っただ中でした。そのため、京王グループでは財務体質の改善と経営基盤の強化を進めることで、不景気に立ち向かうことになりました。


リフレッシング京王でやったこと

リフレッシング京王で進められたことは、

  • ロゴマーク(社章)・コーポレートカラーの制定
  • 制服の刷新
  • 京王シニアクラブの創設
  • 福利厚生の充実
  • 京王資料館の建設
  • コンピューターシステムの導入
  • 駅名表示の変更
  • 京王8000系の導入
  • 女性の駅員採用

があげられます。

この時に、多摩の自然をイメージした京王ブルー(インディゴ)と、京王線のラインカラーであるワインレッドを洗練・発展させた京王レッド(チェリーレッド)が制定され、京王8000系以降における京王車両の基本カラーになっています。


参考文献

京王電鉄50年史 第3部 企業体質の抜本的改善とグループの再編成(1986~1998)|京王グループ

『京王電鉄五十年史』 京王電鉄広報部編

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
14日(火)
15日(水)
16日(木)
17日(金)
18日(土)
19日(日)
20日(祝)
21日(火)
22日(水)
23日(祝)
24日(金)