記事内に広告が含まれています。
【スポンサーリンク】

【南海】2023年度の移動等円滑化取組計画書が公開(高野線8300系導入、9000系更新、中百舌鳥駅ホームドア設置等)

南海が2023年度の移動等円滑化取組計画書を公開しています(2023年6月12日付)。

高野線に8300系導入と9000系改造工事の他、中百舌鳥駅のホームドア設置のための整備が盛り込まれています。



車両関係

車両関係では8300系の新造導入と9000系の改造が行われる予定です。

形式(路線) 内容 2022年度時点計画
(2023年度まで予定)
8300系(高野線) 4編成14両導入 新造14両
9000系(南海線) 1編成6両改造
改造12両

尚、9000系については最後まで残っていた9511Fが、2023年7月中に改造工事を完了しており、9000系のリニューアルは全て完了となっています。



駅設備関係

駅設備関係については以下の通り。

内容
中百舌鳥駅 4 番線に可動式ホーム柵の整備及びホームと車両の段差隙間解消を実施(2023 年度)
※以降他番線についても計画中
今宮戎駅 エレベーター1 基及び多機能トイレ 1 箇所を整備。
高師浜駅 エレベーター1 基及び多機能トイレ 1 箇所を整備。
伽羅橋駅 エレベーター1 基(2024 年度以降)及び多機能トイレ 1 箇所(2023年度)を整備
北助松駅 ホームと車両の隙間解消を実施
忠岡駅 ホームと車両の隙間解消を実施

中百舌鳥駅がホームドア設置のための整備を実施予定で、北助松駅と忠岡駅はホームと車両の隙間を解消する工事を実施予定となっています。



関連リンク

令和5年度移動等円滑化取組計画書|南海電鉄

参考文献

『鉄道ピクトリアル No.1017 2023年10月号 【特集】南海電気鉄道』株式会社電気車研究会

😼ランダムで記事を見る😽

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付 イベント
4月16日(火)
4月17日(水)
4月19日(金)
4月20日(土)
4月21日(日)
4月22日(月)
4月24日(水)
4月25日(木)