記事内に広告が含まれています。
【スポンサーリンク】

【阪神】2023年度の移動等円滑化取組計画書が公開(5700系導入、尼崎駅ホームドア設置等)

阪神が2023年度の移動等円滑化取組計画書を公開しています(2023年6月12日付)。

昨年同様、2024年度までに5001形を5700系に置き換えを実施する他、尼崎駅1番・2番ホームのホームドア設置が盛り込まれています(2023年9月現在工事中)。



車両関係

2023年度は5700系による5001形の置き換えが計画されています(2022年度から継続)。

尚、中期的な方針としては、

Ⅰ 現状の課題及び中期的な対応方針
(1)旅客施設及び車両等の整備に関する事項
 ②車両の整備に関する事項
   現在、本線普通車両の一部(16 両)は、新造竣工後 40 年を経過しており、移動等円滑化が十分になされていないことから、今後数年かけて全車両を新型車両に置き換える計画である。また、車いすスペースの広さが令和 2 年 4 月施行の新基準を満たしていない車両については、今後、客室の大改良工事時に改造を検討する。

―阪神電鉄「2023年度 移動等円滑化取組計画書」より引用

と記載されています。

車齢40年以上の車両で整備対象となっているのは、残り16両で、2023年4月1日時点の5001形在籍数4両×4本(合計16両)と合致しています。

2023年度・2024年度の導入車両数は明確になっていませんが、最短で2024年度内には5001形が5700系に置き換えになると考えられます。



駅設備関係

2015年から大阪梅田駅で改修工事が実施されており、2023年度にはホームドアを3・4番線に設置することが予定されています。

【大阪梅田駅】
 可動式ホーム柵を3番・4番ホームへ設置(2023年度予定)
 ホームと西改札コンコースを結ぶエレベーターを2基設置(2023年度予定)

尚、大阪梅田駅の新3番線は2023年5月27日から供用開始されており、ホームドアも稼働しています。



関連リンク

2023年度 移動等円滑化取組計画書|阪神電鉄

参考文献

『私鉄車両年鑑2023』 イカロス出版

関連記事

【阪神】尼崎駅1・2番線のホームドア設置工事が始まっています
2022年11月21日に阪神からリリースがあった通り、阪神の尼崎駅1・2番線ホームで、ホームドア設置工事が始まっています。 阪神本線に繋がる1番線・2番線ホームで設置が始まり、2024年春頃に完成が予定されています。
😼ランダムで記事を見る😽

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付 イベント
4月16日(火)
4月17日(水)
4月19日(金)
4月20日(土)
4月21日(日)
4月22日(月)
4月24日(水)
4月25日(木)