【スポンサーリンク】

【京成】グリーンローン利用で3100形・3200形の導入資金を調達へ

京成電鉄は2022年9月22日のリリースで、グリーンローンによる資金調達の実施を発表しています。

グリーンローンの資金使途目的のうち、「車両の導入に係る投資」で3100形・3200形の導入が記載されています。



グリーンローンで3100形・3200形製造の資金を調達

2022年9月22日のリリースで発表された京成のグリーンローンは、シンジケーション方式で、鉄道事業全体および関連事業で総額100億円を金融機関7社から借り入れます。

グリーンローンの発表に伴い、公開された資料は以下3つです。

車両関係については、各資料において、グリーンローンを利用した3100形・3200形導入の旨がそれぞれ明記されています。

京成電鉄「グリーンローンによる資金調達を行います」より(赤枠は当サイトで追記)

京成電鉄「サステナブルファイナンス・フレームワーク」より(赤枠は当サイトで追記)

京成電鉄「第三者評価(セカンドオピニオン)」より(赤枠は当サイトで追記)

3100形は、移動等円滑化取組計画書で2022年度以降の計画の見直しを発表しており、導入計画等は未定になっていました。
3200形は中長期計画のうち「D1プラン」で導入が発表されていますが、具体的な情報はまだ出ていません。

グリーンローンの性質上、資金が各プロジェクトに対して適切に使用しているか追跡管理されるため、時期未定とは言え、「3100形の継続導入」「3200形の新造」は確定に近いと言えます。



グリーンローンとは?

グリーンローンとは、グリーンプロジェクト対象の事業に限定して、金融機関から融資してもらうことです。

また、必須ではありませんが、第三者機関による借り手側の評価(融資対象として相応しいか、計画に現実性・妥当性があるかなどのチェック)を実施することが推奨されています。

グリーンローンで借りた資金は、本当にグリーンプロジェクトのために使われたのか、追跡管理されます。

似たような言葉で「グリーンボンド」というものがありますが、「グリーンボンド」は資金調達方法が金融機関からの融資ではなく、企業が債券を発行して投資家に購入してもらいます。



関連リンク

サステナブルファイナンス|京成電鉄

移動等円滑化取組計画書(2022年度)|京成電鉄

グリーンローンとは|グリーンファイナンスポータル(環境省)

関連記事

【京成】編成車両数が変更可能な3200形導入を予定(中期経営計画2022~2024)
京成は2022年7月29日のIRページで『京成グループ長期経営計画「Dプラン」及び中期経営計画「D1プラン」の策定について』を公開しています。そのうち「中期経営計画D1プラン」で編成車両数が変更可能な3200形導入を示唆しています。続きを読む

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
1日(土)
2日(日)

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう!
ねこだよ!
ニュース京成私鉄
Stella Rail Side をフォローする
Stella Rail Side