記事内に広告が含まれています。
【スポンサーリンク】

【京阪】中之島線の延伸可否、2026年10月以降に判断する模様

2024年2月23日、NHKの報道によると、京阪・中之島線の延伸計画の検討について、2024年度以降も検討を継続し、最終的な判断を2026年10月以降に行う方針であることが明らかになっています。

尚、2023年12月には、2023年度中の中之島線延伸可否を見送ることが明らかになっています。



中之島線延伸の結論は2026年10月以降に

NHK発信で、中之島線延伸については以下の方針であることが報道されています。

  • 2024年度以降も延伸可否を検討
  • 最終的な判断は2026年10月以降

2026年10月という最終判断の時期設定は、IR(統合型リゾート施設)事業の解除権が2026年9月に設定されているためです。

もしIR事業者によって、期限内にIR事業の解除権が発動された場合、IR事業者側が違約金を支払わずに事業から撤退することが可能になります。

京阪の中之島線延伸構想は、夢洲におけるIR事業の開業が大前提になっています。

2023年12月に延伸可否の決定を見送った要因も、

  • 延伸事業費が膨らむ見通し(建材費・人件費等の高騰)
  • 違約金なしでIRの計画を撤回できる「解除権」が3年間延長

としています。

もし、IR事業が不確定な状態で中之島線延伸を進めてしまい、IR事業が打ち切りになった場合、京阪側には大きな負担が発生してしまいます。

京阪側もリスク大きいので、IR事業が確定した状態で中之島線の延伸可否の結論を出すのが妥当なところですね😿



関連リンク

中之島線の延伸計画 来年度以降も検討の方向で調整 京阪HD|NHK

関連記事

【京阪】中之島線の延伸構想、2023年度中は決定が見送られる
2023年12月16日、朝日新聞の報道によると、延伸を検討している京阪中之島線について、2023年度中の決定を見送ることが明らかになっています。 京阪の眠れる獅子が、今年度は眠ったままということになります。
【京阪】中之島線は九条駅まで延伸?延伸の検討委員会が発足した模様(結論は2023年度内)
2023年7月3日に、京阪ホールディングスの中之島線延伸の可否を検討する委員会の立ち上げが報道されています。 中之島線延伸の検討は大阪メトロ中央線の九条駅。検討の結果、もし延伸が決定すると、京阪の眠れる獅子が遂に目を覚ますことになるかもしれ続きを読む
😼ランダムで記事を見る😽

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付 イベント
4月10日(水)
4月11日(木)
4月12日(金)
4月13日(土)
4月14日(日)
4月15日(月)
4月16日(火)
4月17日(水)
4月18日(木)
4月19日(金)