記事内に広告が含まれています。
【スポンサーリンク】

【阪急】狭軌車両は、南海におまかせするみたい(新大阪連絡線・なにわ筋連絡線)

2023年8月16日、産経新聞から、新大阪連絡線・なにわ筋連絡線についての報道がありました。

直通列車の運行と、1時間6本の急行を運行、阪急から南海・JR西日本への乗り入れを検討していることが判明している他、阪急側が開発する新型車両については、南海と共通、メンテナンスは南海側に依頼する方針とのことです。



阪急の狭軌車両は南海におまかせ

産経新聞の報道によると、阪急の新大阪連絡線・なにわ筋連絡線について、阪急では以下を検討しているとのことです。

  • 新大阪~関西空港間で1時間あたり6本ほどの急行を運行
  • なにわ筋線以南の関空に向かうルートは南海・JR西日本双方の路線への乗り入れを検討
  • 新型の狭軌車両は南海と共通の構造(メンテナンスは南海に依頼する方針)

車両については、南海と共通の構造にして、南海にメンテナンスを依頼する方針というのが、阪急の上村正美専務取締役の発言で明らかになっています。



「マルーンにはしたい」みたいだけど…

ところで、阪急の車両と言えばマルーンです。阪急は伝統的に車体をマルーンで全体を塗装し、屋根部分をアイボリーにしています。

新型の狭軌車両は、南海に合わせるということですが、産経新聞の報道でも、

阪急のシンボルである『マルーンカラー』にはしたい

―産経新聞「<独自>阪急、2031年に関空直通へ 急行を乗り入れ」

と述べられています。

手っ取り早くマルーンにするのであれば、帯のカラーフィルムをマルーン色にしてあげればおしまいですが、阪急は伝統的にマルーン全塗装(と屋根アイボリー)です。

あくまでも推測ですが、阪急の上村正美専務取締役の微妙な歯切れの発言から考えると、マルーン全塗装にしたそうな感じがしています。とはいえ、マルーン全塗装には若干のハードルがありそうな雰囲気です。

全塗装となるとメンテナンス(塗り直し)でコストと時間がかかるため、阪急がお金を払ったとしても、南海がイエスと言うかは人員リソースと要相談かもしれませんね😺



関連リンク

<独自>阪急、2031年に関空直通へ 急行を乗り入れ|産経新聞

阪急の関空乗り入れ 人の流れ変える 沿線価値も向上へ|産経新聞

<独自>阪急十三駅と新大阪、うめきたを結ぶ新線、13年開業へ|産経新聞

関連記事

【阪急】なにわ筋連絡線・新大阪連絡線のメディア各社報道を整理(2023年8月16日~18日報道分)
2023年8月16日に産経新聞が報道した、阪急なにわ筋連絡線・新大阪連絡線の件。 各メディアが8月17日になって一斉に報道しはじめたので情報の整理を兼ねて、2023年8月16日から2023年8月18日15時までの各メディアが報道した内容を確続きを読む
😼ランダムで記事を見る😽

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付 イベント
4月16日(火)
4月17日(水)
4月19日(金)
4月20日(土)
4月21日(日)
4月22日(月)
4月24日(水)
4月25日(木)