【スポンサーリンク】

何故、京阪10000系では裾部の絞り込みが採用されなかったのか?

京阪の車体の下の方を見てみると、ちょっと膨らんでいたり、下の方がキュっとなっている車両があります。

ですが、10000系以降の車両では、車体の下の方がストレートになっています。2代目3000系・13000系も車体の下の方がストレートです。

いったいこれは何故なのでしょうか?



京阪車両の裾部絞り込み

京阪では2000系以降、5000系を除いて卵型電車と呼ばれる車体形状を採用していましたが、6000系からは卵型ではなくなりました。

卵型ではなくなりましたが、6000系以降の車体の下の方(裾部)を見てみると、少しだけクイっと曲がっています。

これは絞り込みと呼ばれ、6000系以降に登場した、7000系・7200系・8000系・9000系まで裾部の絞り込みが採用されました。

ですが、10000系では、裾部の絞り込みが無くなりました。



何故、10000系で裾部の絞り込みが無くなった?

裾部の絞り込みがあった9000系と、裾部の絞り込みが無くなった10000系とを比較してみます。

写真のように、9000系は裾部を絞り込んでいますが、10000系はまっすぐな形状です。

10000系から裾部の絞り込みが無くなった理由は、床を低くしたためです。

10000系ではバリアフリー対応の一環として、乗降扉の高さとホームの段差を縮めるため、車両の床の高さを9000系以前より2cm低くしています。それに伴って、車体の台枠部分が薄くなり、強度を確保するために車体裾部の絞り込みを無くしています。

ただし、10000系の車両全て、車体裾部がストレートになっているわけではありません。7200系や9000系から10000系に編入された中間車は、車体裾部の絞り込みが残っています。
なので、厳密に言うと「10000系として製造された車両のみ、車体裾部の絞り込みが無い」ということになります。

尚、10000系以降に登場した車両(2代目3000系・13000系)も同様に、車体裾部の絞りがありません。

バリアフリー対応の観点で見た時に、今後登場する形式も車体裾部の絞り込みは無く、ストレートな形状で製造される可能性が高いと考えられます(ホーム側を嵩上げしても段差解消に繋がりますが、お金と工期が…)。



編集後記

京阪に乗る時に、車体の下の方を確かめてみてね😺

参考文献

『京阪電車』 JTBパブリッシング

『鉄道ピクトリアル No.822 2009年8月号臨時増刊 【特集】京阪電気鉄道』 株式会社電気車研究会

関連記事

何故、京阪13000系の4連は編成内でスカートが異なるのか?
京阪13000系は4両編成・6両編成・7両編成の3グループが存在します。このうち、4両編成のスカートをよく見てみると、編成内の先頭車両でスカートの形状が異なります。いったい何故なのでしょうか?

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
12月4日(日)
12月5日(月)
12月6日(火)
12月7日(水)
12月8日(木)
12月9日(金)
12月10日(土)
12月11日(日)
12月12日(月)なし
12月13日(火)
この記事が気に入ったら
フォローしよう!
ねこだよ!
コラム京阪私鉄
【スポンサーリンク】
Stella Rail Side をフォローする
Stella Rail Side