【スポンサーリンク】

【東武】とうきょうスカイツリー駅の新駅舎デザインが決定

画像出典:『とうきょうスカイツリー駅新駅舎デザイン(1)』より
東京スカイツリータウン®側の駅舎イメージパース(最背面)を当サイトで加工

東武伊勢崎線で実施されている、とうきょうスカイツリー駅付近の連続立体交差事業ですが、2022年2月4日に墨田区が、とうきょうスカイツリー駅の新駅舎デザインを発表しています。

新駅舎デザインは東京スカイツリー®と調和のとれたデザインで、東京スカイツリー®というシンボルにふさわしいデザインになっています。




とうきょうスカイツリー駅新駅舎デザイン

とうきょうスカイツリー駅の新駅舎デザインのコンセプトは、

  • 東京スカイツリー®とまちの調和
  • 伝統と先進性の融合

となっています。

先進的なランドマークである東京スカイツリー®と、下町情緒のある押上・浅草とのコントラストがデザインの肝になりますが、新駅舎は見事にマッチしているデザインです😺

南側駅舎外観

画像出典:『とうきょうスカイツリー駅新駅舎デザイン(1)』より
東京スカイツリータウン®側の駅舎イメージパース

新駅舎南側(東京スカイツリータウン®側)のイメージパースです。

カラーはグレー基調で、東京スカイツリー®に合わせたカラーになっています。外観はシンプルかつスタイリッシュなデザインです。

画像出典:『とうきょうスカイツリー駅新駅舎デザイン(1)』より
浅草方駅舎入口付近イメージパース

新駅舎南側・浅草方駅舎入口付近のイメージパースです。

東京スカイツリー®をイメージしたデザインになっています。

画像出典:『とうきょうスカイツリー駅新駅舎デザイン(1)』より
曳舟方駅舎入口付近イメージパース

こちらは新駅舎南側・曳舟方駅舎入口付近のイメージパースです。

浅草方の入口同様、東京スカイツリー®をイメージしたデザインとなっています。

イメージパースを見る限り、駅舎入口と東京スカイツリータウン®の距離が近いため、出来るだけ外光を取り入れる工夫がなされている様に見えます😺



北側駅舎外観

画像出典:『とうきょうスカイツリー駅新駅舎デザイン(2)』より
押上二丁目側から見たイメージパース

新駅舎北側(押上二丁目側)のイメージパースです。駅舎北側の曳舟寄りに留置線が3線見えます。

下町色が強い新駅舎北側は、伝統的な木造家屋に見られる”下見張り”(横に板を張る)をデザイン。下見張りパネルを上に行くほどサイズが小さくすることで、視線を自然と東京スカイツリー®に移るような工夫が施されています。

画像出典:『とうきょうスカイツリー駅新駅舎デザイン(2)』より
曳舟方駅舎入口付近イメージパース

新駅舎南側・曳舟方駅舎入口付近のイメージパースです。

駅舎入口のパネルは、南側と同様に東京スカイツリー®をイメージしたデザインです。視線を上にすると東京スカイツリー®が見えるように、開放的なデザインになっています。

画像出典:『とうきょうスカイツリー駅新駅舎デザイン(2)』より
浅草方駅舎入口付近イメージパース

こちらは新駅舎南側・浅草方駅舎入口付近のイメージパースです。

こちらの駅舎入口のパネルも東京スカイツリー®をイメージしたデザインになっています。新駅舎北側の工夫で、下見張りから東京スカイツリー®に視線が移るようになっています。


ホーム

画像出典:『とうきょうスカイツリー駅新駅舎デザイン(2)』より
ホームイメージパース

画像出典:『とうきょうスカイツリー駅新駅舎デザイン(2)』より
ホームイメージパース

ホームについては、

上家を支える鉄骨を天に伸びる東京スカイツリー®の麓を支える枝木のようなデザイン

とうきょうスカイツリー駅新駅舎デザイン(2)|墨田区より引用

としており、東京スカイツリー®の円柱デザインに合わせて、ホームの支柱も円柱型のデザインが盛り込まれていることが見て取れます。

ホームの階段・エレベーター・エスカレーター部分の屋根は透過性のある素材を用いており、イメージパースを見ると外光をふんだんに取り入れた明るいデザインになっていることが分かります。


事業概要

対象路線東武伊勢崎線
対象区間とうきょうスカイツリー駅付近
(東京都墨田区押上2丁目~墨田区向島1丁目)
延長約0.9km
対象駅とうきょうスカイツリー駅
・ホーム延長:約170~210m
・ホーム幅員:約2~8m
※駅ホームを現状から東側に移設
※島式1面2線から2面2線に変更
構造形式高架式(嵩上式)
除去対象踏切伊勢崎線第2号踏切
事業期間2017年度~2024年度

関連記事

【東武】高架切替工事のため一部区間で運休(北千住~草加間緩行線 2022年3月)
東武鉄道は2021年12月22日のリリースで、竹ノ塚駅付近の上下緩行線一部区間の運休と、高架区間の使用開始を発表しました。 連続立体交差事業が行われている区間で、高架切替のために3月19日22時40分ごろから運休を実施します。続きを読む

関連リンク

とうきょうスカイツリー駅新駅舎デザイン報告会(令和4年2月開催)|墨田区

とうきょうスカイツリー駅新駅舎デザイン(1)|墨田区

とうきょうスカイツリー駅新駅舎デザイン(2)|墨田区

東武鉄道伊勢崎線(とうきょうスカイツリー駅付近)連続立体交差事業の概要|墨田区・東武鉄道

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
20日(土)
21日(日)
この記事が気に入ったら
フォローしよう!
ねこだよ!
ニュース東武私鉄
Stella Rail Side をフォローする
Stella Rail Side