【超概説】京成3600形

京成3600形は1982年から登場した京成電鉄の通勤形車両。京成通勤車両では初めての軽量オールステンレス車両・界磁チョッパ・ワンハンドルマスコンを採用するなど、当時の京成において新技術を積極的に取り入れた車両。

先頭電動車でないために京急線に入線出来なかったり、ターボ君と呼ばれる全電動車の編成が存在したりと、非常にユニークな形式でもある。




京成3600形超概説

京成3600形は1982年から登場した京成電鉄の通勤形車両です。

3500形から継続してステンレス車両で製造されますが、セミステンレスだった3500形とは違い、3600形は軽量オールステンレスを採用しています。

また、界磁チョッパ制御・ワンハンドルマスコンなど、初代AE形の要素も引き継いでいることから、通勤車とAE車の良いとこ取りをしています。その結果、何故か先頭車両が制御車となったため、京急線には乗り入れ出来ません。

京急線に乗り入れするためには、京急への直通規格によって、先頭車両が電動車の必要があります。



諸元

製造年1982年~1989年
製造数54両
・製造当初:6両編成9本
・組成変更後:8両編成6本、6両編成1本
・2021年10月現在:6両編成1本、4両編成1本
MT比4M2T(製造当初6両編成)
6M2T(組成変更後8両編成)
4M(3668編成のみ)
車体軽量ステンレス
台車S形ミンデン式台車
SUミンデン式台車(3668編成のみ)
最高速度105km/h(営業運転)、110km/h(設計)
加速度3.3km/h/s
減速度4.0km/h/s(常用)、4.5km/h/s(非常)
制御方式界磁チョッパ制御
GTO-VVVFインバータ(3668編成のみ)
全長18,000mm
全幅2,760mm
全高3,969mm
4,050mm(パンタ車)

製造当初は6両編成9本でしたが、1997年から組成変更を行っており、6両編成9本を8両編成6本と6両編成1本に組成変更を実施しています。

3668編成のみ、1999年の組成変更時に4両編成でVVVFインバータを搭載して全電動車に改造され、その半年後に6両編成化されましたが、2017年に中間車を抜き取って再び4両編成化されるなど、色々と体をいじられています。

また、3618編成は芝山鉄道にリースされていた時期があり、その間は芝山鉄道のイメージカラーに帯色が変更されています(2013年3月末で芝山鉄道へのリースが終了し、京成に復帰)。

尚、2017年以降の廃車に伴い、2021年10月現在は、6両編成に戻された3688編成(ファイヤーオレンジ復刻塗装)と、ターボ君として名高い3668編成の2本が営業運転に就いている状態です。


運用

京成線の他、北総線・都営浅草線の直通にも対応していますが、先頭車が電動車でないため、8両編成であったとしても、京急線への乗り入れはありません。

6両編成は京成本線・千葉線・千原線の各駅停車、4両編成は金町線の運用に就いています。
かつて存在した8両編成は京成本線の快速特急・特急・快速、都営浅草線直通の快速、芝山鉄道、北総線の運用に就いていました。
成田スカイアクセス線への運用実績がありませんが、2020年のイベントで成田スカイアクセス線を走行した実績があります。

また、ターボ君こと3668編成は先頭電動車のため、都営浅草線・京急線を経由して、総合車両製作所(J-TREC)横浜事業所から、新造車両の牽引という大事な役目も担っています。



鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
16日(土)
17日(日)
18日(月)
19日(火)
20日(水)
21日(木)
22日(金)
23日(土)
24日(日)
25日(月)
26日(火)

関連リンク

京成3600形が成田スカイアクセスに入線|鉄道ニュース|2020年8月30日掲載|鉄道ファン・railf.jp

お知らせ 所属車両を変更します|芝山鉄道

車両図鑑 3600形|京成webミュージアム(72MB以上のPDFなのでWi-Fi環境でのDL推奨)

参考資料

『鉄道ピクトリアル No.787 2007年3月号臨時増刊 【特集】京成電鉄』 株式会社電気車研究会

関連記事

超概説について
当サイトにおける、【超概説】の記事についての説明です。 超概説と言うのは、超カンタンに説明した内容の記事という意味になります。 決して、超詳しいとか、超マニアックな内容ではありません。 ご留意の上、お楽しみ頂ければと思いま...