【スポンサーリンク】

正雀ウォッチ(2022年12月31日)

阪急京都線・正雀駅のウォッチです(2022年12月31日分)。

2022年最後の記事ですが、特に感慨深いとかそういうのはありません。淡々と正雀の状況をお伝えするだけの記事なので。

さて、正雀に入った6001Fは、6014Fと同じ様な工事を実施しそうな雰囲気ですね。



留置状況(2022年12月31日 午前)

奥から、5315F・6001F(見えない)・7023F(見えない)・7000F・9305F・8303F・7323F。

こちらは、5311F・3305F・8332F+8313F・7322F。

こっちは、5300F・1306F・7325F+8311F・1311F。

裏に回ります。正面から見えなかった3323F。隣には大阪市交通局(大阪メトロ)66系66611Fですね。

9305Fと7000F。

7023Fと、12月27日に入場した6001F。

6001Fですが、表示幕は取り外されています。

車内を見てみると、座席も撤去されていますね。

一番奥にいた5315Fの大阪方3両。

先週に引き続き、5315Fの大阪方3両だけが同じ位置にいました。



2022年12月25日午前との状況比較

メモ程度で。

  • 8300F→状況変わらず(正雀工場内)
  • 6014F→正雀工場内?
  • 7000F→状況変わらず(留置線)
  • 9001F→運用復帰済(12月26日)
  • 8301F→状況変わらず(正雀工場内)
  • 7022F→正雀工場内?
  • 7005F+7090F→正雀工場内?
  • 7023F→状況変わらず(留置線)
  • 6001F→入場(12月27日)



関連記事

1週間前の正雀ウォッチ。

正雀ウォッチ(2022年12月25日)
阪急京都線・正雀駅のウォッチです(2022年12月25日分)。 12月17日のダイヤ改正から1週間が経過し、長らく留置線で日向ぼっこしていた3953が3323Fに戻され、3323Fが8両編成になったみたいです。

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
1月27日(金)
1月28日(土)
1月29日(日)
1月30日(月)
1月31日(火)
この記事が気に入ったら
フォローしよう!
ねこだよ!
正雀ウォッチ私鉄記録阪急
【スポンサーリンク】
Stella Rail Side をフォローする
Stella Rail Side