記事内に広告が含まれています。
【スポンサーリンク】

【阪急】プライベース車両は9300系6編成に組み込み後、新2300系に再組み込みを予定?

先日発表があった阪急初の有料座席指定サービス「PRiVACE(プライベース)」。

プライベース車両や新2300系、そして9300系の今後の動向が気になるところですが、乗りものニュースから阪急電鉄に対する取材によると、プライベース車両は9300系に組み込み後、2300系に再組み込みされることが明らかになっています。



サービス開始当初は9300系にプライベース車両を組み込み

プライベース車両はどうやら、9300系に組み込んだ後、2300系に再度組み込むみたいですね。

阪急電鉄によると、当初は座席指定車を組み込んだ9300系6編成2300系1編成合計7編成でサービスを開始するとのこと。同社は「既存の9300系に座席指定車を組み込むのは、あくまで一時的な措置です。将来的に座席指定車を連結するのは、全て2300系になる予定です」と話します。

乗りものニュース阪急の豪華な座席指定車の“最終形”とは? 既存車両への組み込みは「あくまで一時的」より引用

将来的に2300系にプライベース車両を寄せるということなので、

  • 9300系にプライベース車両を充てる(新造)
  • 2300系が導入される都度、9300系プライベース車両を2300系に組み込み

ということになります。

6編成がプライベース車両として9300系に組み込まれるということですが、9300系のどの編成に組み込むのかは現時点で不明です。



初代京とれいん6300系の廃車は、6両分のスペース捻出だった?

一時的な措置とは言え、9300系6編成にプライベース車両を組み込むということは、9300系から6両分の余剰車両が発生するということです。そうなると、余剰車両用のスペースが必要です。

正雀は留置キャパシティがギリギリなので、いずれかの車両を廃車にする必要が出てきます。そうすると、初代京とれいん6300系6354F(6両編成)が、先日廃車になった意味と繋がります。

まあ、ひょっとしたら偶然なのかもしれませんが。



9300系どうするん?

これについては別の機会に考えようと思いますが、新2300系が揃って来た後の9300系の動向について簡単に。

まず、新2300系導入により、3300系の置き換えが鉄道コムの取材で明らかになっています。そうなると、特急系種別の運用に就いている9300系以外の車両については、3300系が行っている運用を担当することが考えられます。

と言うのも、9300系の格下げを行うにあたって、ロングシート化の工事にお金と時間がかかります。将来的にロングシート化という構想があったとしても、今すぐに9300系を格下げと言うのは早計でしょう。

当面、京都線の特急系種別は9300系と新2300系で担当し、新2300系が投入される都度、9300系のプライベース車両を新2300系に再組み込み、9300系は余剰になる4号車を再度9300系に戻す…というのが妥当ではないでしょうか。

関連リンク

阪急の豪華な座席指定車の“最終形”とは? 既存車両への組み込みは「あくまで一時的」|乗りものニュース

【阪急】座席指定サービス「PRiVACE(プライベース)」将来的には2300系に統一の「乗りものニュース」記事|阪和線の沿線から(個人ブログ殿)

関連記事

【阪急】2024年夏に導入する有料座席指定サービスの名称を「PRiVACE(プライベース)」に決定
2023年11月21日、阪急電鉄が有料座席指定サービスの名称を発表しています。その名も「PRiVACE(プライベース)」。 2024年夏頃から京都線において、新2300系と一部の9300系で導入され、特急系列車(特急・通勤特急・準特急)が担続きを読む
【阪急】有料座席指定サービス「PRiVACE(プライベース)」導入までの道のり(記録)
2021年2月17日の朝日新聞の初報にて明らかになった、阪急の有料座席指定サービス。それから約2年9ヶ月後の2023年11月21日に、満を持して有料座席指定サービスの名称「PRiVACE(プライベース)」の発表に至りました。2024年夏頃に続きを読む
😼ランダムで記事を見る😽

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付 イベント
4月10日(水)
4月11日(木)
4月12日(金)
4月13日(土)
4月14日(日)
4月15日(月)
4月16日(火)
4月17日(水)
4月18日(木)
4月19日(金)