記事内に広告が含まれています。
【スポンサーリンク】

【阪急】5000系リニューアル車の足掛けの厚み(メモ)

阪急5000系は2001年にリニューアル工事が行われ、リニューアルの際に車両前面の下部に大きな足掛け(ステップ)が設置されました。

その大型の足掛けですが、5000系で全部同じと思いきや、リニューアル次によって厚みが異なるので、メモとして残しておきます。



5000系リニューアルで設置された大きな足掛け

以前、阪急の大きな足掛けについて、5000系のリニューアル時から付けられたということを取り上げました。

さて、5000系で付けられた足掛けですが、3種類の厚みの足掛けが存在しています。

まずはこれ。5010Fです。

これが最も厚い足掛けです。

続いてこれ。5008Fの足掛け。

5010Fよりも少しだけ薄くなっています。

そしてこれ。5006Fの足掛け。

以降の5000系リニューアル編成は、この厚さです。表にするとこんな感じ。

編成 リニューアル時期 足掛け厚み
5010F 2001年9月 1番厚い
5008F 2002年10月 ちょっと薄い
5006F以降 2003年10月~ もうちょっと薄い

厚みの表現についてのボキャブラリーが貧弱でセンテンスのチョイスが残念ですが、諦めて下さい。

5000系リニューアル車で初めて大きな足掛けを付けたということもあり、1編成目(5010F)と2編成目(5008F)で様子を見て、最終的に3編成目(5006F)の厚さで落ち着いたというところでしょうか。



厚みの差異(ギャラリー)

じゃあ厚みってどれくらい違うのか、横から見てみます。

まずは5010F。

分厚いステーキの様な厚みがあります。

次に5008F。

先ほどの5010Fよりも少し薄いですが、それでも食べ応えがあるステーキの様に見えるくらいの厚みです。

そして5006F。

5010F・5008Fと比べて薄くなっていることが分かります。

そして横に並べてみます。

5010Fの足掛けがかなりの厚みですね。



参考文献

『阪急電車』山口益生著 JTBパブリッシング

『鉄道ピクトリアル No.837 2010年8月号臨時増刊 【特集】阪急電鉄』 株式会社電気車研究会

関連記事

【阪急】最近の車両にある大型の足掛け、いつ頃から付いたのか?
最近の阪急の車両でよく見かける、大型の足掛け(ステップ)。新造車両には標準で備わっており、リニューアル工事が行われた7000系・7300系の一部車両にも、大型の足掛けが設置されています。 ところで、この大型の足掛け、阪急ではいつごろから導入続きを読む
😼ランダムで記事を見る😽

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付 イベント
4月10日(水)
4月11日(木)
4月12日(金)
4月13日(土)
4月14日(日)
4月15日(月)
4月16日(火)
4月17日(水)
4月18日(木)
4月19日(金)