記事内に広告が含まれています。
【スポンサーリンク】

【阪急】伊丹線・新伊丹駅のエキセン(ホーム固定柵設置後)

阪急伊丹線・新伊丹駅のエキセン(駅ホームの先端)です。

阪急ではホームドア・ホーム固定柵の設置が進められているため、鉄道写真の撮影地に変化が出ています。



新伊丹駅のエキセン

新伊丹駅はエキセンに柵が設置されたため、エキセンからの撮影においては今までよりも焦点距離を少し伸ばす必要があったりなかったりします。撮り鉄の際の参考にして下さい。

望遠の撮影レンズは「Canon RF100-400mm F5.6-8 IS USM」を使用しています。

1号線伊丹方

ホーム固定柵の設置に伴い、伊丹方の先頭に余剰スペースを使わせまいとする柵が設置されています(もちろん、安全上のための柵です)。

もともと、ここは角度的にきついものがあるので、むしろホーム固定柵が付いたことによって、ある程度の目安が出来たというポジティブ思考に切り替えた方が良いかもしれません。ただ、思考を切り替えたところで、望遠は必須です。

焦点距離200mm(APS-C機なので実質320mm)でこれくらい

取り敢えずやって来た車両を撮影しただけなので、撮影例(作例)というにはおこがましいレベルの写真ですが、焦点距離200mm(APS-C機で撮影したので実質320mm)でこれくらいです。

左上に信号機の隅っこが写り込んでしまっていますが、これくらいはトリミングで何とかなります。

焦点距離100mm(APS-C機で撮影したので実質160mm)だと信号機と柵が写り込んでしまいます。

とまあ、制約はあるものの、フルサイズでもAPS-C機でも、200mm以上のレンズを持っていれば何とかなると思います。



1号線塚口方

伊丹方の様に柵が手前に設置されていないので、今まで通りの撮影で問題ありません。

とは言え、そもそも逆光なので撮影には不向きです。現像で何とかする気概のある方は頑張って下さい。

2号線伊丹方

たぶん2号線の伊丹方から撮影する人は居ないと思いますが一応。

センサ機器類設置に伴い、こういうちょっとした隙間にも柵が出来ています。



2号線塚口方

1号線伊丹方と同じく、余剰スペースを使わせまいとする柵が設置されています(もちろん、安全上のための柵です)。

1号線の塚口方と同じですが、逆光なので撮影には不向きです。逆光承知の上で撮影する場合、ホーム固定柵に関連するセンサ筐体が立ってしまったので、これをケアした上で撮影するする必要があります。

一応、焦点距離150mmくらいあればセンサ筐体を回避出来ます。

APS-C機の100mmで撮影したので、実質160mmでこれくらいです。



関連記事

【阪急】ホームドア・固定ホーム柵の設置状況(設置駅一覧)
阪急で行われているホームドア・固定ホーム柵の設置駅・設置工事に関する情報について、極力出来るだけ可能な限りまとめているページです(知らんけど)。 気が向いたら更新するので、若干タイムラグがあると思います。
😼ランダムで記事を見る😽

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付 イベント
4月10日(水)
4月11日(木)
4月12日(金)
4月13日(土)
4月14日(日)
4月15日(月)
4月16日(火)
4月17日(水)
4月18日(木)
4月19日(金)