【阪急】阪急車両の寿命は50年?

鉄道車両の寿命は、おおよそ30年~40年と言われています。

経年劣化はもちろんですが、ドア位置・ドア数の不揃いのために廃車になる場合など、事情は色々と言えども、新造から30年~40年経過した車両は廃車、もしくは転出や譲渡になります。

さて、今日の話は阪急です。見た目はピカピカにお手入れされている車両が多い阪急ですが、実際は半世紀近く走行している車両も多く存在します。そんな阪急の車両、いったいどれくらいの寿命なのでしょうか。




阪急車両の寿命は?

さて、阪急車両の寿命ですが、2021年の移動等円滑化取組計画書のPDF2ページ目「車両の整備に関する事項」に記載があります。

  • 車齢 25 年程度を目安として、車両の改良工事を順次施工する。
  • 車齢 50 年程度を目安として、老朽化車両については新造車両へ順次代替する。

―阪急電鉄「2021年度 移動等円滑化取組計画書 」より引用

車両寿命についての明確な記載ではありませんが、車齢50年を目安で置き換えと記載しているので、おおよそ50年が阪急車両の寿命と読み取れます。

30年~40年で引退する車両が多い中、阪急の車両はかなり長寿に設定されていることもわかります。


現役車両の車齢はどれくらい…?

移動等円滑化取組計画書では車齢50年程度が目安と記載していますので、車齢50年近い車両はそろそろ置き換え対象になる予定です。現役車両の登場年と最高車齢を見てみると、そろそろ引退となる形式も見えてきます。

形式登場最高齢
3300系1967年54
5000系1968年53
5100系1971年50
5300系1972年49
6000系1976年諸事情で省略1
7000系1980年41
7300系1982年39
8000系1988年33
8200系1995年26
8300系1989年32
9000系2006年15
9300系2003年18
1000系2013年8
1300系2014年7

まず、現役最高齢形式の3300系は、徐々に1300系に置き換えられています。

その次に車齢の高い5000系は神戸本線から撤退して全て今津線(北線)で頑張っているため、しばらくは生き残りそうです。

5100系は50周年でヘッドマークが掲載されているように車齢50年で、こちらも徐々に1000系に置き換えられています。

5300系も車齢50年に迫っていますが、1300系導入に伴う編成単位での廃車はありません2


編集後記

3300系は60年くらい走らせるのではと思えますが、2300系でさえ55年で運用を終えているので、流石に数年のうちに置き換え完了させると考えられます。

しかし、3300系の7両編成を1300系の8両編成に置き換えてしまうと、車庫の留置スペースが不足してしまうので、どうなることやら…😺💧



鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
25日(土)
26日(日)
27日(月)
28日(火)
29日(水)
30日(木)
1日(金)
2日(土)
3日(日)
4日(月)
5日(火)

関連リンク

移動等円滑化取組計画書PDF(2020年度)|阪急電鉄

移動等円滑化取組計画書PDF(2021年度)|阪急電鉄