【スポンサーリンク】

【京阪】何故、スラッシュ・ムーンは6000系以降の形式に限定しているのか?

京阪では2008年の中之島線開業に合わせて、車体のカラーリングを変更しています。車体上部と下部を新塗装で塗分けたことに加えて、車両前面に「スラッシュ・ムーン」という半円弧の黒色のデザインも採用されています。

ところで、スラッシュ・ムーンのデザインは全形式で採用されているわけではなく、6000系以降の形式で採用されています。

いったい何故なのでしょうか?



スラッシュ・ムーン採用形式

車両前面にスラッシュ・ムーンのデザインを採用している形式は、京阪のデザイン一新したと言われている6000系以降の形式です。

中央貫通扉の8000系・3000系(2代目)・13000系は半円弧になっています。

非常脱出扉が片側の6000系・7000系・7200系・9000系・10000系・800系(京津線)はエッジ具合が緩いですが、スラッシュ・ムーンを採用しています。

それぞれ、スラッシュ・ムーンのデザインにも差異はありますが、6000系より前に登場した形式は、スラッシュ・ムーンを採用していません。



何故、6000系より前はスラッシュ・ムーンがない?

では、どうして6000系より前に登場した形式にはスラッシュ・ムーンが無いのでしょうか?

京阪公式には発表されていませんが、以下2つが考えられます。

  • 種別・行先表示器と被る(視認性の問題)
  • デザインのバランスがよろしくない

それぞれ考えてみましょう。

種別・行先表示器と被る(視認性の問題)

6000系以降は種別・行先表示器が車両前面の上部に設置されていますが、6000系より前に登場した形式は、貫通扉に種別・行先表示器が設置されています。

スラッシュ・ムーンは車両前面の窓の下に施されているため、貫通扉に種別・行先表示器がある形式にスラッシュ・ムーンをデザインすると、種別・行先表示器と被ります。

あくまでも推測ですが、種別・行先表示器にスラッシュ・ムーンが被ったら、種別と行先が見えにくいのではないでしょうか。

デザインのバランスがよろしくない

もう一つはデザイン観点。

6000系では車両前面の窓が拡大され、窓枠が黒縁になっており、ブラックフェイスを採用しています。6000系以降の形式も同様です。

ブラックフェイスとスラッシュ・ムーンのバランスを考慮した上で、6000系以降の形式に限定してスラッシュ・ムーンを採用したと考えられます。

スラッシュ・ムーンを採用している形式は、ブラックフェイスからの連続性のあるデザインになっています。

一方、ブラックフェイスを採用していない形式は、どこにスラッシュ・ムーンの半円弧を描けばいいのかちょっと困ります。

いっそのこと、窓周りを黒く塗装してしまうという方法もありますが、無理にスラッシュ・ムーンを施すよりも、スラッシュ・ムーンを採用しない方が、バランスが取れているのではないでしょうか。

5000系にスラッシュ・ムーンをデザインしてみると…

というわけで、現役グラフィックデザイナーであるStyle-Train Graphics-の管理人・soseki様に無茶振りして5000系にスラッシュ・ムーンを施してもらいました。

たぬきみたいな顔になりますね…😺



編集後記

スラッシュ・ムーンすき😽🌙

関連記事

京阪の「風流の今様」とは?
2008年の中之島線開業に合わせて登場した2代目京阪3000系。 コンフォート・サルーンの愛称が与えられた3000系のデザインは、従来の京阪車両から一線を画すものとなっており、2009年にはローレル賞とグッドデザイン賞を受賞し続きを読む

鉄道イベント情報(鉄道コムtetsudo.comより)

日付イベント
20日(土)
21日(日)
この記事が気に入ったら
フォローしよう!
ねこだよ!
コラム京阪私鉄
Stella Rail Side をフォローする
Stella Rail Side